今ブロックチェーンが美術に導入されるって知ってた?

すべての投稿一覧
スポンサーリンク

ブロックチェーンが近年話題になっています。

そしてこのブロックチェーンがアートの世界にも取り入れられ始めています。

そもそもブロックチェーンとは何かというと、

難しい言葉で言えば分散型台帳とも言われています。

まずはこのブロックチェーンについてなるべく分かりやすいようにご説明します。

例えばAさんがBさんにプレゼントをしたとします。

普通、そのプレゼントはお互いにしかわかりませんが、ブロックチェーンでは、他の人も何をプレゼントしたのか証言できるということに近いです。

一見大したことないじゃないかと思いますよね?

これで何ができるのかというと、実は近年話題のビットコインもその一部なのです。

仮想通貨のビットコインの場合ですと、お金のやり取りの記録をやり取りした本人同士だけではなく、他の人も証人の役割ができるため、金銭の不正が行えなくなるということが特徴です。

データの水増しで勝手に所持金を増やしたり、お金を受け取っていたのに、受け取っていないという虚偽の申告を行ったとしてもばれてしまうわけです。

このブロックチェーンがアートの世界にも入りつつあります。

これは日本ではstartburnという会社が新規事業として立ち上げました。

美術の世界にブロックチェーンが加わると、いままで美術業界で行われていた不正を防止することができるため、信用のある取引が個人の作家でも行うことができるようになります。

主な利点として、

贋作が出回らなくなる

セカンダリーオークションでも販売価格の一部を作家が受け取ることができるようになる

販売した作品の管理が容易になる

などが挙げられます。

贋作が出回らなくなるというのは、

例えば作家が作品をすべてブロックチェーンを通して販売した場合、作品が誰に売れて、今誰が保有しているのかということが分かるようになります。

そうするとおのずとそうではない作品=贋作の発見につながります。

これは作品を買う側にとっても、真贋の区別が容易になるというメリットがあります。

わざわざ信用のあるギャラリーではなく、どこで売られていても真作であるという判断がつき、安心して買えるということです。

なのでこのブロックチェーンが導入されていけば、今まで信用があるという理由で大手のギャラリーやディーラーが販売の主導権を握っていたものが、より個人という形で小さなギャラリーであっても、作家個人であっても、信用のある取引を行えるという形に移行していくことが予想されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました