スポンサーリンク

美術・デザイン系が言われてイラっとする言葉ランキング(あるあるネタ)

すべての投稿一覧
スポンサーリンク

あなたの友達に1人くらい美術系の人がいると思います。

今回はその美術系に向けて言うとイラっとさせてしまう言葉ランキングを作りました。

まずは第三位からの発表です。

スポンサーリンク

ランキング第三位!

「ちょっと似顔絵描いてよ」

「今ここで」

でました!これ、皆さんついうっかり言ってしまいがちじゃないですか?

一般の人は美術やってるなら簡単にパパっと似顔絵描けるんでしょ?

というイメージを持ってると思いますが、

じつは美術系でも似顔絵が得意な人ってすごく少ないです。

そりゃあ、めちゃめちゃ時間をかければ描けますよ。描けますけど、漫画家や似顔絵師のように「パパっ」と描くのは別の才能なので描けないんです。

しかも、美術系の「描ける」という基準は自分のなかでめちゃくちゃが厳しいです。だからほんっっっとうに自信がある人しか「描けるよ」なんていわないです。描けないと言われてもがっかりしないでください。

もし描いてみたはいいけど、描いてる途中でちょっと似てなかったりしたら冷汗が止まりません!末代までの恥です。

これと似たようなことで、だれでもillustrator、Photoshopが使えるんでしょ?があります。

ランキング第二位!

「君、就職、、、するの?」

「聞いてみたい、、、!」

その気持ちはわかります。

ですが、これ美大生に言うときはすごく慎重に言ってください。

美大生って作家になりたくても、現実問題で作家になり切れない人も結構多いです。大学の4年間で「就職をするかしないか問題」にめちゃくちゃ悩むんですよ。

できれば触れてあげないでほしいところです。

堂々の第一位!

(作品を見て)

「そんなことして何になるの?」

これは完全に地雷です。

この心無い一言は美大生の急所を五寸釘で打ち込むような言葉です。

作品を作りたくて作っているのですからそっとしてあげてください。

何なるのなんて言われたら、今までの人生を否定された気分になります。

主に理系の人が言いがちですので理系の皆さんは気を付けましょう。

「何で生きてるの?」と同義語。

あるあるネタはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました