開店祝いにもオススメ!絵のレンタルをプレゼントできるcasie

開店祝いにもオススメ!絵のレンタルをプレゼントできるcasie作品の買い方・選び方
スポンサーリンク

絵のレンタル権をプレゼントしよう

今回は絵をレンタルできるcasieのサービスについて面白いものがあったので、紹介します。

casieは絵をレンタルするサービスを運営している会社ですが、絵をそのままレンタルするだけではなく、そのレンタル権をプレゼントすることができます。

絵のレンタルには通常月額数千円かかるのですが、その費用を払って絵をプレゼントすることが可能に。

プレゼントされた側は自由に絵を選んでレンタルすることができます。

これは今までにない画期的なサービス。

絵のプレゼントは意外と難しい

絵のプレゼントをしようと思う人もいるかもしれませんが、実際かなり難しいところがあります。

それは絵の好みが合うかどうか。

相手の好みをしっかりヒアリングしないとなかなか絵の好みは合わず、もし好みに合わなかったらかなり困る場合がありますよね。

これは絵だけではなく、音楽や服なども同じですがとりわけ絵は高価だったりする分かなりシビア。

僕自身、絵をオーダーで制作するときは相手の好みに合うかどうかかなり慎重になって制作しています。

お金を先にいただいてから制作するので、絶対に気に入ってもらえるように事前のヒアリングはかなり慎重に行っています。

こざかい
こざかい

絵のセンスはかなり好みが分かれます。

レンタル権のプレゼントなら好みの絵をプレゼントできる

絵のプレゼントはセンスが合うかどうかがかなり重要なので、その問題を解決するのがcasieのサービスです。

このサービスは絵のレンタル権をプレゼントすることができます。

サブスクの月額費用を自分で払い、実際に相手に好きな絵をレンタルしてもらうという方法。

相手は自分の好みの絵をたくさんの絵の中から選んでレンタルできるので、好みが合わない失敗もありません。

新しいプレゼントの選択肢の一つとして最適ではないでしょうか。

絵は家のインテリアとして最近飾る人も増えてきました。

昔の巨匠の絵の複製画ではなく、今生きている人の原画を飾るのもオシャレだと思います。

特にcasieでは部屋のインテリアに合う抽象画や風景画が多く、プレゼントとして最適。

casieについて

casieについて詳しく解説すると、

casieは2018年ごろから知名度を上げてきて、今では国内最大手の絵のレンタルサービスを行っている会社です。

作家は絵を預けることで、絵がレンタルされるとそのレンタル費の一部を受け取れる仕組みになっています。

作家は絵を描いても家に溜まってしまうことが多く、それならレンタルに出して多くの人に気に入ったもらえるという双方にwinwinのサービス。

今では数千点近い作品が登録されるまでになり、かなり大きくなっています。

話題のサブスクのサービスということもあり、メディアでもたびたび取り上げられ、徐々に知名度をあげつつあります。

実際、僕は作家側として作品を登録しています。

出品はかなり手間も少なく、作品管理もしっかりしているので、安心して納品しています。

お店の開店祝いにオススメ

今回のこのcaiseのサービスですが、僕は開店祝いにオススメだと思っています。

お店はインテリアを充実させる必要があるということで、今回のこのサービスはかなり喜ばれるのではないでしょうか。

お花などを贈るのもいいですが、このサービスをプレゼントするのもなかなか粋です。

casieの絵は配送費だけ負担すれば絵の交換は自由。

なので、例えば季節ごとにテイストの違う絵を交換するなんてこともできます。

お店に飾っている絵はずっとおなじ絵を飾るよりも定期的に交換したほうが空気が変わるので、その点もこのcasieが開店祝いに合う点です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました