スポンサーリンク

絵のプレゼントってあり?メリットと選び方のコツ!

すべての投稿一覧
スポンサーリンク
スポンサーリンク

絵をプレゼントするのってどうなの?

作家として活動していると、よく「プレゼントで渡したい」という理由で購入していただく方がいます。

そこで、私の経験談を含めて、実際「絵のプレゼントってどうなの?」というテーマで記事を書いていきます。

絵をプレゼントする人はいるの?

私の経験上、絵をプレゼントする人は意外といます。

たまにSNSで作品を購入したいとの連絡が来ますが、

”友達にプレゼントしたいので、A4ぐらいのサイズのものが欲しい”

のような感じで連絡が来ます。

絵のプレゼントのよくあるシチュエーション

絵をプレゼントするときはこんな場が多いです。

・新築祝い

・開店祝い

・誕生日

・お見舞い

大体この4つのタイミングの時にプレゼントする方が多いです。

体感としては新築祝いと開店祝いが多く、やはり新しく建てた建物の中だと他に飾られているものが何もないので、飾りやすいです。

飾るスペースが広くとることができるので、作品のサイズが割と大きめで、F10号サイズ(530×455mm)あたりが多いです。

誕生日に絵をプレゼントする方も多いです。その場合はF4サイズ(A4ぐらい)が多いです。

絵を選ぶポイント

プレゼントにはどんな絵がいいかというと、一般的に干支や職業に関係したものが描かれた絵をプレゼントする場合が多いです。

例えば、魚屋なら魚介類や海、会社の経営者なら恵比寿、他にはその人の誕生年の干支、好きな動物(犬や猫が多い)などです。

注意点として暗い絵や、マニアックなものは避けた方が無難です。

自分が好きだから相手も好き、、、ということはなかなか無いので、自分で飾る分にはいいのですが、人に絵をプレゼントする場合はなるべく万人受けしそうなものを選びます。

また、絵はかなり好みが分かれるものでもあります。なので、しっかり渡す相手の好みを知っておく必要があります。

仲のいいひとであれば、はっきり「この作家の絵なんてどう?」と聞いてみてもいいかもしれません。

絵をプレゼントするメリット

絵をプレゼントするのは割と珍しいのと、絵は基本的に一点ものなので、原画であれば同じのはありません。

なので、絵を人にあげることはそれだけで特別感が出ますし、他の人と被ることはありません。

私の経験として、絵はまだまだ高級品のイメージがあるので、自分じゃなかなか買えないけど、もらったら嬉しいと感じる人がおおいです。

絵は高くて手が出ない?

絵は高いものというイメージを持っている人がいますが、これはピンキリです。

高いものはオークションに出ている作家のもので、めちゃくちゃ高いものはもちろん何億とかしますが、

一般的な絵は大体1万円あれば購入することができます。

作品の購入のしかたに関してはこちらの記事で解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました