スポンサーリンク

アート作品を買う場所と方法について。どのように作品を買うか。

すべての投稿一覧
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アートってどこでかうの?

今回はアートをちょっと買ってみたいんだけどどこで買えばいいか分からない!

と、いう方に向けて手軽なアートの買い方をご紹介します。

アートを販売している場所はオークションは別として、

美術ギャラリー、オンラインギャラリー、百貨店、作家から直接などの方法があります。

それぞれ見ていきたいと思います。

・美術ギャラリー

まず皆さんが思い浮かぶのがコレですよね!

主に都市部でギャラリーがいくつか見つかると思います。

東京では銀座に多いですね。

たくさんのギャラリーがありますが、

若手から大御所まで取り扱い作家はギャラリーによります。

工芸、現代アート、写真、技巧派などギャラリーごとに特色を出しているところも多いです。そういった意味では幅広いジャンルの作品を直接見れる場でもあります。

また、ギャラリーには形態が大きく2種類あって

・貸しギャラリー(出展者が場所代を払う。レンタルスペースに近い)

・レンタルギャラリー(売れた作品の何%かがギャラリーの収益になる)

です。

若手作家の場合貸しギャラリーが多く、美大在学中~卒業して2年の人が大半です。その場合ですと、比較的買いやすい値段が多いので、最初はおすすめです。

最初は入りづらいかもしれませんが、買うと決まっていなくても気軽に入って見ても大丈夫です!

入っても声をかけられることはあまりないです。

・オンラインギャラリー

TAGBOATThis is galleryなどWEB上で販売するギャラリーがあります。

安めのものだと、creemaなどでも買うことができます。

かなり多くの作品から自分の好みの作品を見つけることが出来ます。

比較的値段のまだ低い作家の作品が取り扱われる場合が多いです。

ただしこれらは実物を見ることは難しいのがデメリットですかね。

作品によっては画像だけでは質感だとか迫力が伝わりにくいですね。

あと個人的に、特に立体については作品の写真を作家自身が撮影している場合が多く、写真の撮り方で雰囲気が損なわれている場合が多いと感じてます。

かなり小物の作品も販売されていますので気軽に買いやすいと思います。

・百貨店

百貨店の多くは美術ギャラリーをもっており、そこで買うことが出来ます。

百貨店の運営なので、作品のクオリティが保障されています。入金や配送なども不備なく行われます。

絵画に関しては基本的に額装されることや、一般的に販売のしやすい具象系・有名作家の作品を多く取り扱うことが特徴です。

一番安心して作品を購入できます。

・作家と直接のやり取り

実は個人的におすすめの方法です。

作家に直接連絡を取り、作品を購入します。

作家によって方法は様々ですが、HP上やメールで連絡して作品の写真を送ってもらい、そこから購入する場合が多いです。

後は最近ではInstagramやTwitterなどで依頼する人も増えています。

気に入った作家が決まっているのであれば、手間はかかりますが作家との交流もできますし、作家としても気に入った方と連絡したいと思っています。

また、作家との直接のやり取りになるのでオーダーの注文もしやすいと思います。

オーダー注文の時の決めておきたいポイントは

・価格(送料についても。後は支払いのタイミングも)

・納期

・大体の作品イメージ(ざっくりでいいです。)

・作品の形態(額装のありなし、設置の方法など)

こちらをおたがいではっきり決めたうえで注文しましょう。

作品を買う方法はこのようにいくつかありますが、もしある作品を気に入り、

その作家とお話をするなど交流したいのであれば、

ギャラリーや百貨店で在廊している時を狙うか、直接連絡をとりましょう。

私は作家含めての作品だと思います。

コメント

  1. 大人になった今学ぶアート入門。3つの方法の紹介。 | アートと日常 より:

    […] アート作品を買う場所と方法について。どのように作品を買うか。 […]

  2. 大人になった今学ぶアート入門。3つの方法の紹介。 | アートと日常 より:

    […] アート作品を買う場所と方法について。どのように作品を買うか。 […]

タイトルとURLをコピーしました