スポンサーリンク

SNSで副業!CTimeがおススメ!

SNS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSで副業!CTimeがおススメ!

今回はSNSのCTimeでの副業についてお話します。

現在、副業を許可する企業もふえてきて、これから副業を始めてみたいという方も多いとおもいます。

副業の種類はいくつかありますが、今回はSNSのCTimeで副業する方法についてご紹介いたします。

話題のSNS CTimeとは?

CTimeというSNSアプリをまだ知らないという方も多いと思います。

CTimeとは、株式会社WCOが運営する日本生まれのSNSです。

このSNS CTimeの運営方針は

「ぼっちを救う」

「利益をユーザーに還元する」

この2つです。

この利益を還元する仕組みがCTimeで副業することにつながっていきます。

CTimeで副業する仕組み

副業へのつなげ方

・公式CTimerになる

・自分の仕事の集客にする

・企業案件を受ける(予定)

CTimeでは、公式CTimerに認定されると毎月金券とプレゼントがもらえます。

(2019年8月現在、4万ほど)

この金額は副業としてはそれなりの額ですよね。

公式で居続ける限り毎月もらえるのが嬉しいです。

また、公式CTimerになって影響力をつけると、普段の仕事につなげることも可能になります。

実際に私は絵の依頼をCTimeのユーザーからいただくこともあります。(今までで4件ほどいただいてます)

今後、CTimeが拡大すれば、企業からの広告案件が来ることも予想されるので、今のうちにCTimeを利用するのがおススメ!

まだまだユーザー数が少ないので今がチャンス!

CTimeで副業をするなら、まずは公式を目指しましょう!

公式になるためのアドバイスは下の記事にまとめています↓

Twitter(ツイッター)との違い

Twitterでも自分の仕事を宣伝することはできますが、CTimeとは少し異なります。

Twitterではユーザーが多い分、ユーザーとの繋がりが薄く、ややドライな感じでビジネス寄りの印象です。

一方でCTimeではビジネス感は弱く、よりユーザーとの繋がりが強い印象です。

なので、より人との信頼関係が大切な仕事、例えば絵やイラストの依頼や、カウンセリング等の依頼を受けるにはCTimeの方が適しています。

CTime内でみんなから認知と評価してもらえるようになると自然と仕事の依頼がもらえます。

具体的にはみんなと絡んで仲良くなりつつ、副業を絡めた投稿でランキング上位・公式を目指すという感じです。

実際に私は絵の依頼を公式CTimerになってランキング上位をとり続けた後にいただいています。

なので副業としてCTimeを行うなら、他の副業の仕事をしながら、さらにCTimeをして宣伝がおススメ!

まとめ

これから副業を始めるなら、選択肢の一つとしてCTimeはありです。

CTime以外の仕事をしながら、CTimeで公式を目指し、集客するというのがおススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました