スポンサーリンク

電子書籍を食わず嫌いしていた私がAmazonの電子書籍のサービス「kindle」を使ってみた。

すべての投稿一覧
スポンサーリンク

今回は電子書籍について書いていきます。

スポンサーリンク

電子書籍を食わず嫌いしていた私がAmazonの電子書籍のサービス「kindle」を使ってみた。

電子書籍を使ってみた感想を先にまとめると

・文字のサイズやフォントが自由に変更できるので読みやすい

・スマホなら本より軽く、片手で読める

・かさばらない

・細かい図や表はスマホでは見難いのでパソコンやタブレット必須

・unlimited版が安い

今までは紙の本が至高だと思っていた。

私は月に4冊ほど本を読みます。

そんな私は今まで「電子書籍が出た!」ってニュースで見るたびに、

結局は紙だよねとか、なんか読むのが疲れそう、読みにくそう。

と感じていました。

紙は質感がいいし、電子書籍なんかよりも絶対紙だろう、、と。

なぜ電子書籍を始めたのか。

そんな私がなぜ電子書籍を始めたのかというと、

たまたま自分の読みたかった本がunlimited版で出ていたのと、

丁度セール期間中で3か月間月額300円ほどだったのです。(普段は月額980円)

なんか安い、、!と思い、試しに恐る恐る登録しました。

使ってみたメリットと感想

電子書籍を使う前に思っていたことは、

・見にくいだろう

・読んでいて疲れてきそう

・紙のほうが質感がいい

という感じで完全に食わず嫌いをしていました。

ですが、使ってみるとこんな感じです

・文字のサイズやフォントが自由に変更できるので読みやすい

・スマホなら本より軽く、片手で読める

・かさばらない

・細かい図や表はスマホでは見難いのでパソコンやタブレット必須

・unlimited版が安い

全体的に紙の本よりもいいかなと思います。

特に文庫本は紙の本より読みやすい。

基本片手で読めて軽いので、ちょっとした合間に読んだりとか、

寝ながらでも読めます。

逆に読みにくいのは、図や表の多い本という感じです。

個人的には今後は6割以上が電子書籍になるかなという感じです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました