元美大生が中学校の美術の授業削減について物申す!

すべての投稿一覧
スポンサーリンク

今回は小学校の美術の図画工作について私の考えを書いていきたいと思います。

小・中学校の美術の時間は減ってきている問題

皆さんは日本の中学校の美術が近年減少しているのをご存知だろうか。

文部科学省の中学における各教科の授業時間数の変遷という記事を見ると、

年々美術の授業が減ってきていることが分かる。

中学における各教科等の授業時間数等の変遷

昭和22年度~ 中学三年間で210

・昭和24年度~ 中学三年間で210~315

・昭和37年度~ 中学三年間で140

・昭和47年度~ 中学三年間で175

・昭和56年度~ 中学三年間で175+選択教科350

選択教科の種類は、音楽、美術、保健体育、技術・家庭(以上、第3学年)、外国語、その他特に必要な教科(以上、第1~第3学年)。

・平成5年度~ 中学三年間で140~175 +選択教科

※1.選択教科等にあてる授業時数は、選択教科の授業時数にあてるほか、特別活動の授業時数の増加にあてることができる。

※2.選択教科の種類は、国語、社会、数学、理科(以上、第3学年)、音楽、美術、保健体育、技術・家庭(以上、第2~第3学年)、外国語、その他特に必要な教科(以上、第1~第3学年)。

※3.選択教科の授業時数は外国語は各学年105から140を標準。それ以外の教科は35の範囲内で各学校で適切な時数を定める。

・平成14年度~ 中学三年間で115 +選択教科

※1.選択教科等にあてる授業時数は、選択教科の授業時数にあてるほか、特別活動の授業時数の増加にあてることができる。

※2.選択教科の種類は、各学年とも全教科及びその他特に必要教科。

※3.各選択教科の授業時数は70(第1学年は30)の範囲内で各学校で適切な時数を定める。

美術だけ抜粋するとこのような感じだ

美術の時間だけでみてもここ最近で減少傾向が分かるが、選択教科の内容の教科も減少し、種類も多くなっているので、選択教科に関しても美術に関してかなり減少している。

授業の削減以外にも、美術の専任の教員がいない学校も多く(特に地方で)、中学美術は窮地に追いやられている。

高校に進んでしまうと、選択のみになってしまうことも多い。

そもそも美術がなぜ必要?

なぜ美術が必要かについて私の意見を書いていきたいとおもう。

現在、さまざまのものが便利になり、テクノロジーがどんどん発展していく中で、今まで人間がやっていた仕事がどんどん機械に置き換わっている。

昔は物を組み立てるにしても糸をつむぐのにしても手作業で行うことが多かった。

しかし、産業革命以降、状況は一変し、多くのものが機械に置き換わった。

それは現在でもそうで、多くのものが機械化されていき、今まで人間がやっていた仕事がなくなりつつある。

しかしながら、機械に置き換わりにくいものも存在していて、それがクリエイティブ分野と言われている。

ある意味人間らしい仕事ということではある。

クリエイティブとは、無から有を生み出したり、既存のものとは違うものを作るということだ。

このクリエイティブが今後の未来で重要視されているのはいうまでもない。

クリエイティブを学べる教科。

では、クリエイティブを学べる教科は中学の教科でなにかについて考えてみる。

国語であれば詩であったり、理科であれば自分で試行錯誤する実験はクリエイティブと言えるかもしれない。

だが、どうしても基本の教科では、「あらかじめきめられた答えを導き出す」ということが根底にあるため、本当にクリエイティブなことはほとんど無い。

その点、美術に関しては「答えが無いものを自分の答えを見つけて探す」というのが主眼になっているため、クリエイティブなのである。

なぜ美術が減少しているのか

あくまで私の個人的な意見ですが、その理由は今の政治家が「美術にいい思い出が無いから」であると考えています。

政治家になるためには大変な勉強が必要で、美術をやることはなかったのである。(そもそも政治家気質と美術の作家気質は性質が真反対)

今の政治家に美術をやっていたなんて人はいないだろう。

そう考えると美術が削減されるのは当たり前のように思える。

美術は点数で測れるものではないので、その美術の授業の成果は分かりにくい。

今後美術の授業の必要性は増してくると思う。

日本の美術教育は先進国の中でかなり遅れているので、今後、美術の授業が増えることを願っている。

コメント

  1. ヘドウィグ より:

    美術の実技に関してはいいのですが、筆記のテストの意味がわかりません。教科書や資料集の絵の名前や作者名を大量に暗記させられたり、膨大な量のプリントから適当に出題されるのですからたまったものじゃありません。もちろん有名な作品とかならぜんぜん覚える価値はあると思うのですが、聞いたこともないような作品や、幼稚園児でも描けるような絵とかもありますし・・・。量が多すぎるのです。記号問題なんて1問も出されません。中学なので美術も高校に行くときの成績の一つなので覚えますが、果たしてそれに意味があるのか、と思ってしまいます。実技に真剣に取り組めばいい成績をつけてくれたらいいのに、と思います。

タイトルとURLをコピーしました