adobeのソフトが高すぎる!代用方法や安く済ませる方法について解説!

adobeのソフトが高すぎる!代用方法や安く済ませる方法について解説!パソコン・ソフト関係
スポンサーリンク

adobeのソフトが高い!

今回はAdobeのソフトが高すぎる問題について記事を書いていこうと思います。

僕自身、美大に通っていたのでAdobeのソフトを使う機会が多かったのですが、

そこでAdobeのソフトが高すぎっ!ってずっと思ってました笑

学生時代はお金もなかったので、Adobeのソフトが買えず、ずっと共用パソコンを使っていました。

なので、今回はその対策方法について解説。

adobeの公式HPはこちら↓

Adobeのソフトの価格

adobeのソフトは月額課金制です。

年間プランのコンプリート版で月額6240円。年間にすると74880円

仕事で少しIllustratorやPhotoshopを使う程度の人にとってはコスパは悪いと言えます。

ほかの画像編集ソフトなどでは買いきりで3000円前後で購入することができるので、それと比較すると割高です。

約7万円は国内旅行に行けてしまうぐらいの値段。

逆に、デザイナーでがっつり仕事で使うような人であれば安いと言えますね。

数千円でデザインに関する全てのソフトを常に最新の状態で使えると考えるとコスパは良くなります。

adobeのソフトはPhotoshopの画像やillustratorのレイアウトの編集だけではなく、動画の編集をするAfter effectや、3Dモデルを作るものまで幅広くあり、

どんなジャンルのデザイナーでも、adebeのコンプリートプランがあれば対応できるぐらいになっています。

adobeを安く済ませる方法

安く済ませる方法は3つの方法があります

・割引セールや学割を狙う

・旧パッケージ版を買う

・代替ソフトを使う

割引セールや学割を狙う

Adobeのクラウドは学生・教員割があります

学割を使うと初年度が6割ほど安くなり、次年度からは半額程度になります。

学生であれば必ず利用したいところ。

特に美術系の高校や大学、専門学校ではadobeのソフトを多く使うことになるので、在学中は学割にしておきましょう。

また、割引セールも定期的に行っており、そっちは約3割程度安くなります。

割引セールはかなりの頻度で行っているので、セールに合わせて購入するのをおすすめします。

旧パッケージ版を買う

Adobeはクラウド版に変わる前はパッケージ版で販売されていました。

そのため、少しバージョンは古くなりますがパッケージ版を購入するのはおすすめ。

adobeのソフトをIllustratorとPhotoshopの2つぐらいしか使わないような人にとってはおすすめの方法です。

バージョンは古くなるとはいえ、CS6ぐらいならよほどのことがない限り事足ります。

※adobeは2017年より最新のものは古いバージョンとの互換性が無くなっています。
なので、デザインを.aiや.psd形式でやり取りする人にとってはパッケージ版は向きません。

実際、僕の会社のパソコンがかなり古く、CS3のadobeのソフトが入っていました。

CS3の公開が2007年なので今から約14年前のソフトになります。

かなり古いですよね。

仕事はデザインがメインの仕事ではないのですが、カタログやDM制作、写真の加工をするときにillustrator、Photoshop、Indesignを使っています。

ですが、多少不便なところはあるものの問題なく使えています。

なので、僕のようにデザインの仕事がメインで無く、ほかのデザイナーとデータのやり取りをしないような人にとっては古いパッケージ版でも十分に事足ります。

追記

現在、パッケージ版は製造されていないため、品薄になっています。

ほぼ販売されていることはなくなりました。

代替ソフトを使う

Adobeのソフトが高いので、代わりになる別のソフトを使うのも一つの方法です。

ですが他のIllustratorやIndesign、aftereffectなどに関しては、ほかの代替ソフトが使いにくいものが多いです。

こざかい
こざかい

僕も最初、代替ソフトをいろいろと探してダウンロードしてみましたが、

やはり代替なので、adobeの方が断然使いやすかったです。

代表的な代替ソフト

・illustrator→Inkscape

・Photoshop→GIMP

・Indesign→Affinity Publisher

・Adobe XD→Sketch

・Premiere Pro→Final Cut Pro X

・After Effects→Motion

結局クラウド版がおすすめ

僕の意見をまとめるとこのような感じになります、

・adobeの複数のソフトを使いたい人
→結局クラウド版が1番コスパが良いのでセール時期を狙って購入しよう

・ソフトを2つぐらいまでしか使わない人
→代替ソフトを使う

現在旧パッケージ版がない以上、クラウド版の購入または代替ソフトの購入になります。

そのため、現在の自分のソフトの使用状況に合わせて、adobeか代替ソフトかをつかい分けましょう。

・よく使うソフトが2種類以上の場合
→adobeのコンプリート版、

・よく使うソフトが1つ+たまに使うソフトがいくつかある
→adobeの単体プラン+代替ソフト

・たまにデザインソフトを使う
→代替ソフトで済ませる

adobeの公式HPはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました