美大を出てからの仕事の話(随時更新)

すべての投稿一覧

大学卒業後編

「アシスタントしてます。」ってちゃんと言いたい

美術のアシスタントの仕事って皆さんどんなイメージをもってますかね?

私はよく美容室に行ったとき、

気さくなお兄さんに「アシスタントしてます。」っていうと大抵、

「小説の?」ってよく聞かれます。

漫画ではなく小説家、、、!

人口的には漫画の方が多いのに、、

私の顔がインテリ系で小説家っぽいんですかね?関係ないか

小説家のアシスタントもかなりマイナー職ですけどね。と心の中では思います。

大体「美術のアシスタントしてます。」っていうと、最初はみんな面白がってくれますけど、普通の会社員とはもちろん違うのでカルチャーショック的なものがあるらしく、

みんな天然記念物(オオサンショウオとか)を見るような目で見てくるのがつらいです。

初めてみたとき興味はあるけど、触れたくない。そんな生き物

かといって美大の友達にアシスタントをやってるというと、これはこれで大体「生きていけるの?」

って聞かれるからこまったものです。

生きていけるから!」

アシスタントの仕事

で、美術のアシスタントの現状はというと、

私の場合、いわゆる絵にかいたような丁稚奉公ではなく、個人事業主に雇われた社員となっています。

朝は9時に行って夜は6時過ぎに帰るような生活です。

なので、住み込みではないです。

そのイメージは古いです。日本にまだ侍がいるぐらい古いです。

ドラマとかではありがちだけど今の時代住み込みなんてあるのかな、、、?

仕事内容について

私は最初、美術のアシスタントをやるとき、制作の手伝いだと思っていました。

よく漫画のアシスタントとかもひたすら漫画を描いているイメージなのでそんなものかと思っていました。

ですが、油断してました、、、!

実際は制作以外の仕事がめちゃくちゃ多い!のが現実です。

これもやるの、、、?ということが結構あります。

制作以外の業務は

・作品の展示

・対面の接客販売

・データ入力

・書類作成

・HP、カタログ、写真類の作成

・営業

などなど

時間で言うと、制作は全体の半分以下です!笑

すっごく少ない!

大学で教わることは制作のみだったので、他のことは改めて勉強しました。

デザインのソフトのillustrator、Photoshop、indesignとかも独学で習得し、

大学の時には全く関心のなかったビジネス書を読むことに

ぶっちゃけ大学にいたときより勉強してます。不思議です。

4年間も大学にいたのに勉強したことはめちゃくちゃ狭かったのを痛感。

作家といっても個人事業主なので、

イメージとしては社長にならなくてはいけません。

作品を作るだけでいい、、、とは行かないところがつらいところですね。

他の会社の社長と同じように経営についても考えなくてはいけません。

上手くパトロンがついたり、バイヤーがつけば別なのかもしれませんが、そこに行きつくまでにもある程度経営スキルは必要だと思います。

美大生にはつらい接客の仕事

あと個人的に、仕事内容の中で一番ネックだったのは接客ですね。

私が大学三年生の時の冬にこの仕事を紹介されたのですが、

最初は制作だけと言われて入ったら、実は接客もやるって後から聞かされ、

その2週間後に百貨店に立つことになりました。

基本的に美大生はコミュ障なので話すのは苦手な人が多いです。

話せないから作品作ってるのに、、、という人がほとんどです。

私もすごく苦手で、人前で話すときすごく緊張します。まず、何を話せばいいかわからないです。

しかも普通の売るのは商品ではなくアート作品(しかも現代アート)

これを一般の人に説明するのは難易度で言うとスーパーエクストリームハードです。

日本では美術教育が進んでいないので、「世間からアート=なんかよくわからないもの」というイメージを持たれています。

なので、アートですとかいうと、「何なの?」という目で見られることが大変です。日本は厳しいですね。

しまいには「これ何に使うの?」と言われる始末。

何に使うの、、?

「飾ればいいじゃん!」

そう声を大にして言いたいのを、ぐっと抑えつつ

「そうですね~お部屋に飾るのはいかがですか?」

とやんわり言いますが。

アートを売るのはこの世のものの中で一番売るのが難しいジャンルだと思います。

ジャパネットタカタの社長でも難しいのでは?

オンエアしても鳴かず飛ばずな感じではないでしょうか。

アシスタントとしての仕事はそんな感じ

仕事以外でやってること

で、仕事の後は

・ブログ(このブログです)

・自分の制作

・SNS関係

・読書

をやっていますね。

ブログとSNSは最近しっかりやり始めようと思ってやってます。

なるべくネットでどんどん発信していくのが周りを見ていて重要そうなので!

ただ、ブログはものすごい時間を食います

気が付いたら1記事で三時間も経っちゃったよ!なんてことはよくあります。

制作も時間を食うので眠い中その折り合いを付けるのって難しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました