【FLAWLESS RESIN】大量・安い・黄変しない最強業務用レジン

レジン

今回はレジンについて解説していきます。

大量にレジンを使いたい!

ぼくが以前にレジンを大量に使った作品を作ろうと思った時に、画材店やホームセンターで売っている市販のレジンを探したのですが、

どれものすごく割高に感じたことがありました。

お店に置いてあるものの大体がどれも200gや300gほどしかなく、もっと大量に使えるものを探すことに

せっかくなら黄変しにくくて、しかも割安なレジンはないかとずっと探していたところ、どうやら業務用のレジンがあるみたいです。

業務用のレジンは1㎏以上で販売されており、大量な分割安になっています。

今回はその業務用のレジンの中からオススメなレジンを紹介していきます。

一番のオススメはFLAWLESS RESIN

FLAWLESS RESINは僕の一番のオススメのレジンです。

大量にレジンを使うときに適した素材。

エポキシ樹脂で黄変がしにくく、高透明、さらに安いといった非の打ちどころがないレジンです。

海外では主にリバーテーブルと呼ばれる、木とレジンで作られたテーブルを作る際に使われています。印象的なのでInstagramで検索するとよくでてきますよ。

主に家具用で使われるレジンなので、黄変や耐久性に強くなっているんです。

しかも 2019年8月にアメリカ食品医薬品局(Food and Drug Administration; FDA)から食品グレード(Food Grade)と認定されました。

なので、硬化してしまえば健康面にも問題ありません。

このレジンは2液性で、24℃の部屋で約24時間ほどで硬化します。(体感だと、完全硬化には2日は見ておいた方が良いです。)

硬化後の研磨も問題なくできますよ。

レジンを大量に使いたい人にはぴったりのアイテムです。

表面を傷がつかないようにより硬化させたい場合は専用のコーティング用のレジンが販売されています。

表面にこれを塗って硬化させるとかなりカチカチに。

普通のお店ではなかなか取り扱っていないので、ネットショップでの購入がオススメです。

店頭で販売されているのを今まで見かけたことがないので、Amazonや楽天で購入しましょう。

僕が実際に作った作品はこちら↓

100円ショップの調理器具のボウルを型にして積層させて作りました!

ほかのレジンもつかってはみたのですが、自然硬化のレジンでは FLAWLESS RESIN 一択でした。

制作してから半年ほどたちますが、まだ黄変が見られません。

使って感じた制作のポイント

制作するポイントですが気泡が若干入りやすい感じがあるので、ヒートガンをもっておいた方が良いでしょう。

大量にレジンを攪拌するとどうしても気泡が入ってしまいます。

現状このヒートガンがコスパが良いです。

風量を弱くして温度を最大にするとあっという間に気泡が消え去ります。

ドライヤーでも代用できなくはないですが、温度がなかなか上がらず、ちょっと気泡が減ったかな程度。

2000円で買えるので、ヒートガンを買ってしまった方がお得です。

FLAWLESS RESINの特徴まとめ

・高透明

・黄変しにくい

・コスパが良い

・大量に使える

・硬化には時間がかかる(2日ほど)

FLAWLESS RESINは現状ではコスパも性能も抜群です。

レジンをつかって大きな作品を作りたい人にはぜひおすすめ!

こざかい
こざかい

現状最強のレジンだとおもいます!

高透明

FLAWLLES RESINはかなり高透明なレジンです。

大きめの立体物を作ってもしっかり透明になります。

色も完全に無色。

黄変しにくい

FLAWLLES RESINは黄変がほぼ無いレジンです。

僕も作ったものを実際に日光にあたる窓際に置いて3ヶ月ほど経ちます。

ですが、見た感じ黄変の気配はありませんでした。

なので、今後も黄変はほぼしないと考えられます。

こざかい
こざかい

安いレジンの多くは黄変が起こりやすいですがFLAWLLES RESINは黄変しませんでした。

コスパが良い

FLAWLLES RESINは容量に対して価格がかなり安め。

4kgで12000円ほどなので1kg3000円。

国内で販売されているレジンは1kgだと6000円とかするのでかなりがコスパ良い

大量に使える

FLAWLLES RESINはロットが4kg単位になっており、かなり大量です。

そのため、たくさんレジンを使う人(アクセサリーを販売したり、リバーテーブル、立体物を作る人)におすすめ。

ちなみに8kgを頼むと4kgの容器×2で届きます。

こざかい
こざかい

ここはアメリカらしいかなと思いますね笑

硬化には時間がかかる(2日ほど)

FLAWLLES RESINの硬化には2日ほどかかります。

気温によって変わりますが、完全硬化たさまで2日。

そのため、硬化するまでに保管する場所が必要です。

上にホコリが被らない工夫もいるかなと思います。

補足 コーティング用の高硬度タイプもある

FLAWLLES RESINには高硬度タイプもあります。

表面に層にすることでより傷がつきにくくなります。

お金に余裕が有れば使ってみたいところ。

ちなみに、このコーティング用の方は粘度が弱く、水のようにかなりサラサラ。

そのため、容器から移すときは必ず口に漏斗のようなものをつけましょう。

こざかい
こざかい

僕はこれで盛大に机の上にこぼしました笑

かなり悲惨なことになるので注意しましょう。

店頭になかなか置いてないのでネット購入がおすすめ

FLAWLLES RESINはネットでの購入がオススメ。

なかなか店頭で見かけないためです。(おそらく海外メーカーのため)

Amazonや楽天で購入してみましょう。

補足 UVレジンは星の雫がオススメ

一応UVレジンでも似たものを探してみました。

UVレジンの中では星の雫がオススメです。

星の雫は黄変がしにくく、透明感も抜群。

UV硬化のほうが作業しやすい人にはぜひ。

特に小物のアクセサリーを作る人だと、エポキシ樹脂のように何時間も硬化を待っていられないですよね。

星の雫は業務用で500gが最大の大きさなので、それでも大丈夫だという人はおすすめします。

でもそれじゃ足りないという人はエポキシ樹脂の FLAWLESS RESIN を使うことをオススメします。

星の雫は FLAWLESS RESIN と比べるとどうしても割高感が否めません。

出典  続☆wakaoのものぐさものづくり  様

↑星の雫もUVレジンの中ではかなり黄変しにくいタイプなのでおすすめ

ほかのレジンも紹介

ここからはほかのレジンも一応紹介します。

ここで紹介するものは比較的お店で手に入りやすいものです。

デブコンET

高透明で収縮率の小さいレジン。

ホームセンターでたまに見かけます。

粘度が低く、扱いやすいです。

黄変はそこそこしやすく、日光に2週間ほど当てると黄変し始めるので注意。

そのため、屋内向けのもの向けですね。

デブコンは価格も割高なので、これを使うならFLOWLES RESINがいいかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました