星の雫はどんなUVレジン?特徴を解説!【収縮率・黄変・透明度】

星の雫はどんなUVレジン?特徴を解説!【収縮率・黄変・透明度】レジン
スポンサーリンク

星の雫レジンの特徴についてまとめました!

今回はUVレジンでとてもメジャーな商品である星の雫の特徴についてまとめました!

これからレジンを始める人や、星の雫ってどんなレジンか気になる!という人はぜひ参考にしてみて下さい!

メーカーはパジコ

UVレジン星の雫のメーカーはパジコです。

同じシリーズに月の雫、太陽の雫があります。

パジコはミニチュア系の造形材料を多く製造しているメーカーで、

樹脂粘土や石粉粘土でも有名なメーカー。

製品はどれも質が良く、かなり堅実なメーカーです。

こざかい
こざかい

良いものが欲しければとりあえずパジコのものを選べば間違いがないという感じです。

月の雫、太陽の雫との比較は下記の記事で解説しています↓

星の雫の特徴

星の雫の特徴は主に3つ

・かなり黄変しにくい

・収縮率は高め

・透明度がかなり高い

・かなり黄変しにくい

星の雫はUVレジンの中ではトップクラスに黄変しにくいレジンです。

レジンは普通は日光に1週間程度当たり続けると紫外線によってだんだんと黄色くなっていきますが、

星の雫はその黄変がほぼ起こらないです。

そのため、特別な紫外線カットの対策をしなくても良いので手間は少ないです。

黄変しないので、日常で使うアクセサリーの制作に向いています。

こざかい
こざかい

普通のレジンで黄変を止めようとした場合、専用のトップコートが必要です。詳しくは下記の記事で解説しています↓

UVレジンの黄変は意外と重要なポイントで、

黄変するとせっかく作った作品が台無しになってしまいます。

黄変は紫外線によって起こるのですが、日光だけでなく室内の蛍光灯などでも少し起こります。

レジンで作品を作って販売するときにも黄変はクレームになる場合もあるので、黄変しないものを選びたいところ。

その点では黄変しないこの星の雫はとても優秀なレジンです。

・収縮率は高め

星の雫はUVレジンの中では収縮率はやや高めです。

そのため硬化時に縮みやすく、シリコンモールドを使った型どりにはあまり向いていません。

型を使うと硬化した時に収縮によって表面が少し荒れます。

磨けば問題ないのですが、磨かずに仕上げたい人には星の雫は使わないほうがいいです。

その場合は代わりに同じパジコのメーカーの太陽の雫か月の雫を使いましょう。

・透明度がかなり高い

星の雫は透明度が高いレジンです。

着色せずに硬化させたときに、透き通った水のような透明度になります。

そのため、透明度を生かしたい作品にとてもオススメ

例えば、レジンの中にパーツを入れたり、着色せずに使いたい場合などに重宝します。

こざかい
こざかい

レジンは透明度が売りの材料なので、高透明なのはうれしいポイント。

色を少しつけた場合の発色も鮮やかになります。

星の雫はどんな時に使うのがオススメ?

まとめるとこれらの特徴から、星の雫はこんな時に使うのがオススメです。

・普段使うようなアクセサリーなどを作るとき

・シリコン型を使わずにレジンを使うとき

・販売用の作品を作るとき

ぜひこの機会に試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました