黄変しないレジンの選び方とおすすめは?対策方法もご紹介【UV・エポキシ】

レジン

こんばんはこざかいです。

今回は黄変しないレジンについてまとめましたので、参考にしてみてください。

レジンは黄変する

レジンは基本的には黄変するものということをまず知っておきましょう。

レジンで何か物を作っても、時間の経過や紫外線によって徐々に黄色く変色していきます。

最近はレジンでいろんな作品を作る人が増えてきました。

せっかく作品を作っても、黄変したら結構悲しいですよね。

レジン液も結構な値段がします。

ミンネやクリーマで販売する人もいるかと思いますが、

特に販売する場合は作品の保存性も作家の責任ですので、しっかりと対策をしましょう。

そこで今回はそもそもの原因と対策、黄変しないレジンについて紹介します。

こざかい
こざかい

レジンは黄変するものが多いですが、黄変するとはどこにも書いてありません。

なので、黄変しないものは一体どれなのかをまとめました。

レジンの黄変する原因

レジンが黄変する原因は主に2つあります。

・紫外線

・酸素

この2つが原因で時間の経過とともに劣化していきます。

・紫外線

紫外線はレジンの黄変する代表的な原因。

太陽光に当てて数日するとどんどん黄色っぽく変色していきます。

特にアクセサリーを作るときは日に当たりやすいので気を付けたいポイント。

室内でも蛍光灯などにより少しずつ黄ばんでいきます。

こざかい
こざかい

アクセサリー系には対策が必須です。

下のようなUVカットスプレーを吹きかけることで防げます。

・酸素

2つ目の原因が酸素。

これは、缶に入った開封済みの使っていないレジンが黄ばんでいることがありますが、

それはこの酸素が原因です。

あまり知られていませんが、レジンは酸化をします。

硬化後もこの酸化は進むので、注意しましょう。

黄変対策には紫外線とともに一緒に対策する必要があります。

こざかい
こざかい

一応、酸素系の漂白剤に漬けることで黄変が抜けることがあるようです。

試したことはありませんが、すでに黄変している場合はやってみたいです。

参考→https://mini-mono.net/notes/resin-yellowing2.html

黄変しないUVレジン

ここからはそもそも黄変しないレジンについて紹介します。

以下の4つのUVレジンは黄変がしにくいものになっています。

・クラフトアレンジ
→コスパで選ぶならコレ

・熊五郎の涙
→やや白っぽいが、硬化後の引けが少なくて仕上がりがきれい

・艶009
→透明度が高く、高品質

・クラフトアレンジ

とにかく黄変しない安いレジンを選ぶならクラフトアレンジを選びましょう。

ほかの黄変しないレジンと比べると価格が大体2~3分の1程度におさまります。

UVレジンは結構高いものが多いのですが、クラフトアレンジは買いやすいではないでしょうか。

まだUVレジンを使ったことが無い人にもオススメ。

価格は65ml880円程度

・熊五郎の涙

熊五郎の涙はやや曇りのあるレジンですが、

硬化後の引けがほぼ無いので、磨かなくてもきれいに仕上がります。

レジンを硬化させるとレジンによっては時々表面に気泡やしわが寄るときがあります。

これは気泡を完全に抜け切れていなかったり、硬化時の収縮によって起こります。

熊五郎の涙はそれが起こりにくいので、簡単に完成度が高いレジンが作れます。

初心者にもオススメです。

100g3500円程度

・艶009

艶009は完成後のつやと透明感で選ぶなら一番オススメ。

パッケージがレジンに珍しく無骨な感じですが、ネットでの口コミから今話題のレジンになっています。

75ml1800円程度

黄変しないエポキシ樹脂(レジン)

黄変しないエポキシ樹脂は以下の2つがオススメ。

・クリスタルレジンneo

・FLAWLESS RESIN

エポキシ樹脂はUVレジンよりも容量が大きく、たくさん使いたい人に最適です!

・クリスタルレジンneo

クリスタルレジンneoはクリスタルレジンシリーズの中で最も黄変にくいレジンとして開発されました。

いままでのシリーズよりも黄変しにくくなっています。

容量は300g前後で3500円前後。

販売場所は東急ハンズでよく見かけます。

・FLAWLESS RESIN

FLAWLESS RESINはもともとリバーテーブル用のレジンです。

大容量・良コスパ・黄変しないの3拍子がそろったレジンで僕のオススメ。

最低4㎏~なので、がっつりレジンを使って立体物を作りたいときなどに向いています。

販売場所はほぼ見かけたことがありません。

なのでネットでの購入がオススメです。

コーティングして黄変対策をする方法

ここまでは黄変しないレジンを紹介しましたが、

黄変するレジンでもコーティング剤を使えばある程度は黄変を防ぐことができます。

それはUVカットのスプレーを使うこと。

塗料メーカーから仕上げ用のスプレーとしてUVカットができるスプレーが販売されています。

レジンが完成後に全体にむらなく塗布してあげましょう。

2回ぐらいに分けて薄くスプレーしておくとよりきれいに仕上がります。

もちろんスプレーなので、塗布しても摩耗してきます。

定期的なメンテナンスをしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました