大人・プロ用の彫刻刀のおすすめと選び方!

彫刻
スポンサーリンク

プロ用の彫刻刀の選び方とおすすめを紹介します!

プロ向けの彫刻刀の選び方とオススメを今回紹介していきます。

ちなみに僕やおすすめはこちらの道刃物工業の彫刻刀です!

こざかい
こざかい

僕も実際に使っています!

しっかりとした桐箱入りで高級感もあります。

切れ味がずっと続くので、研ぐ手間が省けてます。

道刃物工業ハイス彫刻刀プロ・大人用

プロ向けの彫刻刀の選び方のポイントは刃の素材

プロ向けの彫刻刀の場合、一番大切なポイントは刃の素材の種類です。

刃の素材によって、切れ味や、耐久性が変わってきます。

一見同じように見えても、違うものもあるので、よく確認しましょう。

こざかい
こざかい

包丁にも色んな種類があるように、彫刻刀にも刃の素材の種類がいろいろあります。

例えば、道刃物工業ではハイス鋼を使用した彫刻刀が特徴です。

ハイス鋼は高速機械用の刃のことで、耐久性を高めるために専用に作られた鋼材です。

それを彫刻刀に使ってしまったので、十分すぎるほどの耐久性になっています。

価格の相場は1本2~3000円

プロ向けの彫刻刀を選ぶ場合、1本当たりの価格の相場は2~3000円ほどが目安です。

職人が1本1本手で製造して、研いでいるものはこのぐらいの価格になります。

この価格帯では刃の素材も良いものを使っており、研ぎながら永く使えるものになっています。

こざかい
こざかい

長く使えるので長期的に使う場合はコスパは良いです。

オススメは道刃物工業の彫刻刀

プロ向けのオススメの彫刻刀は道刃物工業の彫刻刀です。

中でも、ハイス鋼を使用したものがオススメ。

価格は10本組で27000円ほど。

価格は高めですが、ハイス鋼の刃は切れ味が長持ちします。

普通の彫刻刀の3倍程度続くといわれており、研ぐ手間も格段に減少。

個人で使う場合にも彫刻刀を自分で研ぐのは難しいので、外注することもありますが、(1本300円程度で研いでくれます。)

その時にハイス鋼だと研ぐ回数も減るので助かります。

道刃物工業の彫刻刀のメリット

・切れ味がかなり長持ちする

・切れ味が良い

デメリット

・値段が高め

こざかい
こざかい

彫刻刀は研ぐのが面倒で大変です。

なので、出来るだけ切れ味が長く持つ彫刻刀がおすすめ。

この道刃物工業の彫刻刀は店舗ではなかなか見かけません。

そのため、ネットでの購入がおすすめ。

公式HPでも購入可能ですが、楽天で購入するとポイントも付くのでお得です。

こざかい
こざかい

この記事が参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました