ブルーピリオドの主人公 矢口八虎はどんな人物かまとめてみました!

すべての投稿一覧

こんばんは小堺です。

今回はブルーピリオドの主人公の矢口八虎についてまとめてみました

矢口八虎とはどんな人物?

主人公は1巻の時点で高校2年生

登場時はマイルドヤンキー?的な友達とつるんでいる、少し不良的な感じの人物。

ですが、性格は真面目で優等生。

頭も良くて、学校での成績も良い。

物事を合理的に見る面があります。

美大を目指すきっかけ

主人公の矢口八虎は美術の先生と森先輩に影響されて、美大への進学の道に進むことになります。

主人公はもともと受動的な体質で、自分のやりたいことや好きなことを伝えるのは苦手でした。

そんななかある時、森先輩の大作を見て少し絵に興味を持ち始めます。

八虎にとって人の顔に青や緑の色が塗ってあるのが不思議に思えました。

後に森先輩に自分の見えた色で塗っていいと言われ、そこから美術の授業で青い渋谷を描きます。

その時の自分の見えたもの、表現することに面白さを感じた八虎は美大に進み始めます。

美大受験の苦悩

美大を目指し始めてから、最初両親をどう説得するかについて悩むシーンは印象的。

八虎の母親は収入の安定する職につけるような進学先を望んでいました。

実は八虎の父親が事業に失敗しており、その影響もあってのこと。

現在の経済状況も厳しく、親心ながらお金に困って欲しくないとの思いです。

親不孝だと思いつつも美大に行く主人公の気持ちも結構辛いですよね。

僕も実際に経験したので読んでいてくるものがありました。

母親に涙ながらに頭を下げたシーンは泣きそうです、、!

出典 講談社 ブルーピリオド 山口つばさ

いざ美大受験へ

美術の予備校に通い始めてから、美大受験の苦悩が始まります。

この漫画に描かれている美大受験は勉強方法から苦難まで全てかなりリアルです。

構図や立体感の勉強方法まで載っており、これから美大を受験する人の参考にもなります。

また、予備校の生徒それぞれの絵に対する考え方や不安などもリアル。

僕から見ても「うわーこういう人いるいる、、!」ってなりますね。

ちなみに僕は登場キャラの中では世田介くんの気持ちがめちゃくちゃわかります、、

八虎は美術に興味を持ち始めたのが最近なので、絵の描き方や考え方を友人を通して学ぶことになります。

この漫画では段階を追って学んでいくので、美術に全く興味がなかった人も八虎と一緒に学べるのが良いですね。

出典 講談社 ブルーピリオド 山口つばさ

交友関係

ここからは簡単に交友関係について解説。

大葉先生

大葉先生は矢虎の通う予備校の担当講師。

声が大きく、3人の子持ちの母親。

生徒への面倒見もかなりよく、指導も的確です。

見た目と性格がなんとなくワダアキコを思わせますね笑

思ったことをすぐ言ってしまうタイプで清々しいです。

最初は八虎にこのままだと受からないと言っていたものの、

決められた課題以上をこなし、成長する八虎を見て最終的にかなり期待するようになります。

世田介くん

冬季講習で初めて会い、その後数ヶ月巻ほど一緒同じ予備校に通います。

世田介くんは矢虎の予備校のクラスメイトでライバル的な存在。

途中で予備校を抜けてしまいますが、矢虎との影響は大きい感じでしたね。

矢虎と対照的な性格で、内向型で小さい時から絵を描き続けていました。

典型的な作家肌な人物。

お互いに相手のことが苦手だと思いつつもかなり気にしています。

世田介くんは初め、雰囲気のチャラい八虎に対して嫌悪感を覚えつつも、

次第に認めていくようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました