木に絵の具で描く方法!アクリル絵の具がおすすめ!

アクリル絵の具

木に絵の具で描く!アクリル絵の具がおすすめ!

今回は木に絵の具を塗るときに用意する画材と、塗る方法にいて解説していきます。

絵の具の種類はいろいろありますが、

木製品に絵を描く場合、アクリル絵の具を使うのがおススメです。

また、絵の具を塗る前後にも、下地や仕上げ材を塗るとより完成度が上がります!

この記事では、どんな手順で塗ればいいのか、どんな画材や道具が必要なのかについて解説

おすすめの絵の具の種類は?アクリル絵の具がベスト

木に絵の具で色を塗る場合、アクリル絵の具がおすすめです。

理由は3つ

・発色が良い

・乾くと耐水性になる

・木への定着が良い

アクリル絵の具は基本的にどんな素材にも塗ることができる万能な絵の具。

素材への定着力が強く塗ってもはがれにくく、乾くと耐水性になります。

発色も良いので使いやすいですね。

そのため、木に塗るときには僕はアクリル絵の具をオススメ。

また、アクリル絵の具には透明色のアクリリックと不透明のガッシュタイプがあります。

基本的には不透明なアクリルガッシュを選びましょう!

こざかい<br>
こざかい

水性の絵の具は塗っても耐水性にならず、

油絵具は乾きにくいので向いていません

アクリル絵の具のオススメメーカーは?

木にアクリル絵の具を塗る場合、オススメは2つ

・いろんな色を塗りたいならターナー

・たくさん絵の具を使いたいならアムステルダム

絵の具はターナーかアムステルダムがいいと思います。

目的に合わせてどちらかを選びましょう。

・いろんな色を塗りたいならターナー

ターナーはアクリル絵の具のメーカーとしては大手で、色の数も豊富。

画材店ではどこでも取り扱っているのでまず間違いはなく、棚一面に絵の具が並び、色数は100色近くあります。

ターナーのアクリル絵の具の中でもいくつかシリーズで特徴が分かれていて、不透明のもの、透明のもの、乾燥が遅いなどの特徴があります。

基本的には下のようなガッシュタイプのアクリル絵の具オススメ。

「どれがいいの?」という方用に、詳しい選び方についてはこちらにまとめました!

・たくさん絵の具を使いたいならアムステルダム

アムステルダムの場合はもともとの絵の具の量が多く、コスパの良い絵の具になっています。

普通の絵の具メーカーのものは20mlが基準になっていますが、アムステルダムはなんと120ml。

そのため、たくさん絵の具を使い人にはオススメ。

木にアクリル絵の具を塗る手順は?下地と仕上げをしよう!

木に絵の具を塗る手順として、そのまま直に絵の具で描いてもいいのですが、

しっかりと塗るなら、最初に下地を塗り絵の具で描いた後は仕上げ材を塗るのがベストです!

ここからはどのような下地材や仕上げ材があるのかを順番に解説していきます。

下地材を塗る

下地を塗る意味は木のヤニが表面に浮き出ないようにするためです。

下地を塗らないと、絵の具で木に絵を描いても時間がたった後に木のヤニが表面に浮き出る場合があります。

木のヤニは茶色くシミのように浮き出るので、大切にしたいときは最初に下地を塗ることがオススメ。

木目のはっきりとしたスギや、茶色っぽいラワンなどの木材はヤニが出やすいので注意。

ヤニ止め用の下地は”シーラー”と呼ばれるもので、例えば下のようなものがあります。

ヤニ止めのほかに、絵の具のノリと発色をよくするための下地もあります。

それがこのジェッソと呼ばれるものです。

これを塗って乾いた後から絵の具を塗ると、絵の具の発色がよくなります!

また、これは透明ではないので、木の木目などは完全に消えます。

ジェッソについては下の記事で詳しく解説しています!

絵の具を塗る

木に塗る絵の具はアクリル絵の具がおススメです。

木にもしっかり塗ることが出来て、なおかつ耐久性も良いです!

メーカーはターナー製のものが定番。

詳しくはこちら↓

バーニッシュで表面を塗装する

最後に、完成したら表面に仕上げ材を塗ることをお勧めします!

これは見た目がきれいになるのはもちろん、耐久性を高めるためでもあります。

絵具で描いただけだと、細かい傷がつきやすいです。

せっかく時間をかけて描いた作品がボロボロに、、なんてことのないようにしっかり塗りましょう!

おすすめはバーニッシュです!例えばコレ↓

スプレータイプと液タイプがありますが、スプレータイプのほうが失敗がないのでオススメ。

バーニッシュについて詳しい記事はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました