油絵のおすすめセットを3つ紹介!【初心者~上級者】

油絵の具
スポンサーリンク

ネットで購入できる油絵のセットおすすめ

今回は油絵のセットの紹介です。

これから油絵を始めたい人向けに、選び方について解説していきます。

こざかい
こざかい

僕は美大卒で普段から色んな画材を使って作品を制作しています。

ぜひ参考にしてみてください!

油絵の道具は揃えるのが面倒くさいので、セット購入がおすすめ。

油絵の道具は専用の道具と画材が多いので、揃えるのが結構大変です。

そのため、最初はセットで購入して、後から足していくほうが良いです。

セットで購入した方が価格も安くなるのでオススメ。

こざかい
こざかい

僕は最初はバラバラに買ったので、買い忘れが多くて大変でした。

セット購入はケースも付くので、持ち運びや収納に便利。

また、油絵のセットは画材店でも販売されていないことが多いので、ネットでの購入がおすすめ。

油絵のセットに入っている道具

油絵のセットを買うと大体以下の道具が入っています

・持ち運び収納ケース

・油絵具

・テレピンなどの溶剤

・木製パレット

・筆

・パレットナイフ

・油壺

追加で購入する必要があるもの

また、実際に油絵を描くにはセットの他に必要な道具があります。

追加で購入する必要があるものはこちら

・筆洗器

・ブラシクリーナー

・イーゼル

・キャンバス

忘れずに合わせて購入してしまいましょう。

具体的なオススメはこの記事の最後に掲載しています。

こざかい
こざかい

イーゼルは必須ではなく、あると良いという感じ。

また、キャンバスはすでに布が張ってあるものを使うと簡単です。

おすすめの3メーカーの油絵のセットを紹介

ここからは実際におすすめの油絵セットを紹介します。

今回紹介するのは、

・ホルベイン(コスパ重視な人向け)

・クサカベ(大人っぽい落ち着いた絵を描きたい人向け)

・ターレンス(お金に余裕のある人向け)

この3社です。

価格が安い順に紹介していきます。

ホルベインの油絵セット 6000円台 (コスパ重視な人向け)

ホルベイン 油絵 セット
カラフルなパッケージですよね

ホルベインのアーティストシリーズはコスパが良い油絵具。

使いやすく、絵の具の伸びも良いオーソドックスな画材です。

そのため、初心者におすすめで、僕は油絵を始めたての人にはこれを勧めています。

こざかい
こざかい

質がありながら、かなりリーズナブル。

美大の受験生にも人気があります。

このシリーズはセットで購入しても6000円ほどで全て揃ってしまいます。

画材は付属の布のバッグ入るので、軽くて持ち運びがしやすいです。

クサカベの油絵セット 11000円 (大人っぽい落ち着いた絵を描きたい人向け)

クサカベ 油絵 セット
クサカベの油絵具。パッケージはちょっと昭和な感じが漂います。

クサカベは日本のメーカー。

油絵具は少し落ち着いた色が多いです。

そのため、風景や自然物を描くと、より自然な風合いに仕上がります。

こざかい
こざかい

ほかの絵の具メーカーと比べて、絵の具が鮮やかすぎないのが特徴。

大人っぽい絵を描きたいときはクサカベを使うと良いです。

クサカベの油絵セットはこちら↓

価格は11000円ほどでしっかりとした専用の木箱に入っています。

ターレンスの油絵セット 2万円〜 (お金に余裕のある人向け)

ターレンスはコスパの良いヴァンゴッホシリーズと、高価格のレンブラントシリーズがあります。

セットで購入するならレンブラントシリーズがおすすめ

はじめてセットでヴァンゴッホを購入するなら、上で紹介したホルベインのアーティストシリーズの方がコスパがいいかなと思います。

こざかい
こざかい

とはいえヴァンゴッホはコスパは良いので、たくさん絵の具を使う美大生には人気があります。

レンブラントシリーズは油絵具の中では最高級クラスの絵の具です。

本格的に制作を始めるときにもずっと使えるので、がっつり油絵をやりたい人におすすめ。

こちらもしっかりとした木箱に入っています。

見た目も高級感があり、絵を描くモチベーションが上がりますね。

こざかい
こざかい

レンブラントシリーズのセットは最安でも2万円ほど。

お金に余裕のある人は検討してみてください。

ちなみにこちらは5万5千円のセットです。↓

見た目からしてかなり豪華。

ここまでは最初は必要ないですが、いつか購入してみたいセットですね、、!

まとめ

これから油絵をはじめてみようかなと思っている人は、ぜひこの機会に購入してみてはいかがでしょうか。

油絵のセットは画材店では販売数が少なく、持って帰るのも重くて大変なので、ネットでの購入をオススメしています。

セットを購入する際には以下のものも合わせて購入するのも忘れずに!

・筆洗器

・ブラシクリーナー

・イーゼル

・キャンバス

キャンバスの選び方についてもまとめたので、併せて読んでいただけると嬉しいです↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました