アクリル絵の具・ガッシュがイラストにオススメな4つの理由

アクリル絵の具・ガッシュがイラストにオススメな4つの理由アクリル絵の具
スポンサーリンク

皆さんはイラストを描くときにどんな画材を使っていますか?

水彩絵の具やコピック、色鉛筆は人気がありますが、

僕はアクリル絵の具もオススメしています。

今回はその理由について紹介していきます。

アクリル絵の具をイラストに使うときのメリット

僕がイラストを描くのにアクリル絵の具をオススメする理由は主に4つ

・色が濃い

・表現の幅が広い

・乾くと水に溶けない(保存性が良い)

・失敗しても修正がしやすい

・色が濃い

アクリル絵の具はほかの画材に比べてダントツに発色が良いです。

アクリル絵の具は科学的に作られた時代的にも新しい絵の具。

鮮やかな発色を得られます。

そのため、力強い色の印象のイラストを描くとき最適。

特に不透明絵の具であるアクリルガッシュは均一な色のベタ面を描けます。

ほかの画材ではなかなかできないことなので、技法の幅が広いこともアクリル絵の具のメリットといえます。

こざかい
こざかい

アクリル絵の具は水で薄めれば水彩絵の具に近い表現も可能です!

・表現の幅が広い

アクリル絵の具は表現の幅が広い画材です。

不透明なアクリルガッシュを水で薄めずに使えばかなり濃い色が作れますし、

逆に水で薄めれば水彩のような雰囲気も作り出すことができます。

おそらくアクリル絵の具はどの画材よりも表現の幅が広い画材。

また、絵の具にメディウムをまぜることで、つやの有り無しや質感、盛り上げなども変化させることができます。

・乾くと水に溶けない(保存性が良い)

アクリル絵の具はほかの画材と比べても保存性に優れています。

一度塗って乾いてしまえば多少さわったり、濡らしたりしてしまっても問題ありません。

ほかの画材で例えば水彩絵の具だと水に溶けてしまいますし、コピックだと経年変化で退色してしまいます。

その点で、アクリル絵の具は描いた後に特に特別な配慮をしなくてもそのまま変わることがありません。

せっかく描いた絵の原画は長く保存したいですよね。

なので、アクリル絵の具はおすすめ。

・失敗しても修正がしやすい

アクリル絵の具は失敗しても修正がしやすいです。

間違えたら不透明のアクリルガッシュで塗りつぶしてしまえばOk。

これはほかのイラストに使うコピックや水彩絵の具ではまねできないので、かなりメリットだと思います。

多少の失敗を恐れずにがっつり描き進められるのがうれしいですね。

水彩絵の具だと、一度濃く塗ってしまったりするともう終わりなので、僕はかなり描くのに緊張します。

こざかい
こざかい

アクリル絵の具は重ね塗りがしっかりとできます。

最初は修正するのに手こずるかもしれませんが、絵を描くのに慣れてくるとこのありがたみに気づきます。

実際に使ってみた感じはこちら

実際に使っているところはこちらです。

【筆禁止!】人差し指だけで絵を描いたら楽しすぎた
秋に向けてイチョウの絵を描く!アクリル絵の具の絵の描き方【字幕付き】

イラストでアクリル絵の具を使うならターナーのガッシュがオススメ。

イラストでアクリル絵の具を使うなら最初はターナーのガッシュをオススメします。

おすすめする理由は色数が多いことと使いやすいため。

アクリルガッシュの中ではターナーのメーカーが最も色数が多く、200色以上あります。

画材店でも大抵のところに置いてあるので、手に入りやすいのもうれしいですね。

また品質的にも良く、発色や経年変化の耐性も良いです。

なので、イラストを描くときにぜひ試してみてはいかがでしょうか!

メーカーごとの違いはこちらで詳しく解説しています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました