意外と知らない!コスパ最高な安いアクリル絵の具をこっそり紹介

アクリル絵の具
スポンサーリンク

アクリル絵の具がもっと安ければ、、!

アクリル画をはじめたての人にとって、もっとアクリル絵の具が安ければいいなと思ったことはあると思います。

一般的なターナーの20mlのアクリル絵の具は1本で300円ぐらいするので、色を揃えるとちょっと高いな、、って思いますよね。

もう少し安いアクリル絵の具が欲しい

そんな方に向けて今回は安めでコスパの良いアクリル絵の具を特集していきます。

今回紹介するのは

・アムステルダム

・ohuhu

・ Shuttle Art

・ イベントカラー

この4つを紹介していきます!

ターレンス アムステルダム アクリル絵の具

アクリル絵の具の中では比較的安く、

発色もそれなりに良いのでコスパはかなり良いアクリル絵の具です。

近くの画材店でも販売されていることが多く、プロ向けの絵の具。

ほかの大手のターナーやリキテックス絵の具との違いは大容量なこと。

120mlサイズが標準になっており、ほかの絵の具は20mlなのと比べると大きさが段違いです。

そして、容量の割にコスパがよい絵の具。

プロの画家でもこの絵の具はよく使い、主に大きな作品を制作するときに重宝しています

こざかい
こざかい

僕もよく使う色の絵の具はアムステルダムで買っています!

発色もよく、本番の作品に十分に使える絵の具です。

ohuhu アクリル絵の具

Amazonで購入出来るアクリル絵の具

価格は12ml 24色セットでも1300円と破格

発色はそこそこあるものの、全体的に絵の具が薄く水っぽい感じです。

下地の色が透けるので、透明色の絵の具として使いましょう。

白い紙以外に描くのであれば、ターレンスのアクリル絵の具を使うことをおすすめします。

アクリル絵の具のお試しとしては使えますね。

とはいえ、とにかく値段が安いので、費用を抑えて48色の絵の具が2000円以内で買えるのは破格。

こどもへのプレゼントにもよいかなと思います。

Shuttle Art アクリル絵の具

Amazonで買えるかなり安いアクリル絵の具。

上記のohuhuと似たような感じの絵の具ですね。

このシリーズの絵の具を実際に使ってみたのですが、絵の具が発色が弱く、若干水っぽくて薄いのが気になりました。

透明色のアクリル絵の具だとは思いますが、それでも水っぽいかなと思います。

使い方としては強い色を乗せるのには向かず、水彩画のような描き方なら使えなくはないかなという印象。

イベントカラー

イベントカラーの特徴は大容量。

一色あたりのサイズがかなり大きく、大きいサイズの作品や、ライブペイントで壁に絵を描く時におすすめ。

販売している色数は少ないものの、たくさん絵の具を使いたい時には重宝します。

たくさん使えるので、アクリル画の下地に使ってしまうのもあり。

まとめ

僕としては今回紹介した中ではアムステルダムのアクリル絵の具をおすすめしています。

理由は他の格安絵の具は全体的に水っぽく、発色も弱いと感じてしまうからです、

アクリルガッシュなのに下地が透けてしまうことがあり、アクリル絵の具の特徴が損なわれていると思います。

アムステルダムのアクリル絵の具は費用がやや安いながらも発色がよく、顔料も豊富に使われています。

アクリル絵の具の良さがよくわかる絵の具です。

日本の画材店でも手に入りやすく、色も追加しやすいのでおすすめ。

加えて、さらにライブペイントなどで大量に絵の具を使いたい時はイベントカラーが良いです。

絵の具一つあたりの容量がかなり多いので、使いやすいと思います。

ほかのアクリル絵の具のメーカーについてはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました