コピックが高すぎる!代用方法は?安く済ませる2つの方法

コピックが高すぎる!代用方法は?安く済ませる2つの方法ペン・マーカー
スポンサーリンク

コピックはめっちゃ高い!

今回はコピックが高すぎるという問題についてのテーマです。

よく絵を描く人にとっては死活問題ではないでしょうか。

そんな超重大なテーマについて解決するべく、今回は解説していきたいと思います。

コピックの値段がめっちゃ高い!

コピックはシリーズによって値段が変わりますが、

コピックスケッチ、コピッククラシックで1本418円ほど。(2021年現在)

コピックチャオは少し下がって275円ほどです。

チャオは安いですがその分、中のインクの量が2.5→1.4と約半分になっています。

正直結構高いですよね。

コピックは通常、30色以上のセットで購入して使われるので、買うときには1万円を超えることもよくあります。

しかも、コピックはインクを大量に使うので、すぐに消耗して無くなってしまいます。

高いのにすぐに無くなるということで、とてもお財布には厳しいペンではないでしょうか。

こざかい
こざかい

たくさんの色が必要な分、結果的に高額になってしまいます。

ここからは具体的な解決方法を解説してきます。

コピックを安く使う方法

コピック代を安く抑えるには主に2つの方法があります。

・詰め替えのインクを使う

・他のメーカーで代用する

こざかい
こざかい

現状ではこのどちらかになります。

・詰め替えのインクを使う

インクを自分で詰め替えると費用を抑えることができます。

数あるアルコールマーカーのメーカーの中で、唯一コピックは補充用インクが販売されています。

コピックを長く使い続ける人にはおすすめの方法ですね。

インクのみでの販売は画材店でもほぼ見かけません。

なので、ネットで注文するかたちになります。

こざかい
こざかい

コピックインクは購入と、自分で補充するのが結構めんどくさいです。

とはいえかなり安上がりになります

1本購入すると、補充できる回数は下記の通り。

インク1本とコピックスケッチがほぼおなじ価格なので、かなりお得になることが分かります。

スケッチ:1回につき約1.8ml(約7回)
チャオ:1回につき約1.4ml(約9回)
クラシック:1回につき約2.5ml(約5回)

こざかい
こざかい

よく使う色は補充用インクを購入してしまってもよさそうですね。

・他のメーカーで代用する

アルコールマーカーは他のメーカーでは安いものがあります。

僕のおすすめはohuhuのアルコールマーカー

中国製ではありますが品質はよく、コスパがとても良いです。

僕も実際に購入してみましたが不具合も全く無く、発色も良かったです。

初めからコピックではなく、このohuhuにしておけばよかったと思うほど。

価格はコピックの3分の1以下なのでとてもオススメ。

こざかい
こざかい

低価格なアルコールマーカーのメーカーは粗悪なメーカーも多いですが、

ohuhuは安いながらも質は良かったです。

僕は今まで、”安い=悪いもの”という偏見で購入を控えていました。

ですが、思っていた以上に良かったので今後もリピートします。

実際に購入した時の詳しいレビューはこちら↓

ohuhuのアルコールマーカーはAmazonで購入可能

ohuhuのアルコールマーカーは現状ではAmazonでの購入が1番安く手に入ります。

まとめて買う量が多いほど価格がお得になるので、100色ぐらいのものを購入してもいいですね。

こざかい
こざかい

ohuhuは店舗での取り扱いはほとんど見かけません。

なので、現状はネットで購入するかたちになります。

ほかのアルコールマーカーについてのまとめはこちら

アルコールマーカーの他のメーカーについてはこちらの記事でまとめています。

ぜひあわせて参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました