指だけで絵を描く!フィンガーペイントのやり方!

指だけで絵を描く!フィンガーペイントのやり方!制作のアドバイス
スポンサーリンク

今回は筆を使わずに指だけで絵を描くフィンガーペイントについて解説していきます。

やっているとかなり楽しいので、子どもだけではなく大人もぜひやってみてください。

指だけで絵を描くフィンガーペイントをしよう!

皆さんはフィンガーペイントをしたことはありますか?

フィンガーペイントとは、その名の通り指だけで絵を描くことです。

幼稚園の頃に絵の具を指で描いたことはないでしょうか。

そのような感じで筆を使わずに絵を描いていきます。

フィンガーペイントのメリット

フィンガーペイントのメリット2つ

・単純にたのしい

・絵をうまく描こうと思わずに描ける

・単純にたのしい

フィンガーペイントは絵の具をじかに指で触るので、絵の具のぬるぬるとした感触がとても楽しいです。

ふだん絵の具をさわるなんてことはしないので、なんかやってはいけないことをしている感じも相まって、なんとも言えない面白さがあります。

これは大人ほどわかる面白さではないでしょうか。

まるで粘土をこねるかのように思うがままに手で絵の具を練って描くことができます。

・絵をうまく描こうと思わずに描ける

また、フィンガーペイントは細かく丁寧に描けないことがあえてメリットになります。

筆で描いているとつい丁寧に描こう!とか、きれいに描こうと思ってしまいますが、フィンガーペイントはそうはいきません。

混色もうまくできなければ細かく描くこともできません。

ですが、その制約があるからこそ大胆に絵を描くことができて楽しいです。

無心になって描けるので、まったくストレスがありません。

普段絵を描いている人も、フィンガーペイントをやると心が休まるのではないでしょうか

フィンガーペイントにオススメな画材

フィンガーペイントに必要なオススメな画材はこの3つ

・キャンバス

・紙パレット

・水性の絵の具

キャンバスは布の種類にいくつか種類がありますが、水性の絵の具が使えるものを選びます。

大きさはF4またはA3前後のものが大きさ的に使いやすくてオススメ。

下のキャンバスはサイズ違いのセットで、コスパも良いです。

フィンガーペイントは紙パレットを使うと絵の具が使いやすいです。

こちらはA4サイズ程度のものでOK

最後に重要な絵の具ですが、水性の絵の具がオススメ

水で洗った時に落ちやすいものを選びましょう。

僕のおすすめはクロマクリル絵の具です。

容量も大きく、手のひらで固まってもお湯で洗うと簡単に落ちます。

この絵の具はボディペイントにも使われる絵の具で定評がある絵の具。

実際に描いてみた

それでは実際に描いてみました!

今回は丸いキャンバスに花の絵を描いていきます。

制作過程はこちら↓

下地は指でポンポンと押してみました。

もっと手のひら大胆に塗ってもいいかもしれませんね

色のグラデーションがきれいです。

フィンガーペイント

こんな感じで完成です!

絵の具が大胆に塗れているところがかっこいい感じになりました。

ぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか!

制作過程は動画でも公開しています。

ぜひ参考にしてみて下さい!

【筆禁止!】人差し指だけで絵を描いたら楽しすぎた

コメント

タイトルとURLをコピーしました