アクリル絵の具の上から描けるペンjuice

すべての投稿一覧

アクリル絵の具の上にもかけるペンjuice

アクリル絵の具の上にペンで描くアーティストも多いと思いますが、皆さんどのようなペンを使っているでしょうか?

今回は私が普段使っているペン、juiceをご紹介させていただきます!

juiceのペンの特徴

juiceのペンの特徴は主に4つ

特徴

・水性顔料
・写真の上からかけるペン
・絵の具の上でも描きやすい
・インクの出過ぎ、かすれが少ない
・乾くとある程度の耐水性がある

・安い

この特徴から、アクリル絵の具の上に描くペンとしては最適のペンだと言えます。

特に、かすれ、インクの出過ぎが少ないというのが最大のメリットです。

アクリル絵の具にペンで書くとよく詰まる

アクリルの上にペンで描くと、普通のペンではよく詰まります。

太いペンでは詰まりませんが、0.5mmくらいのものになると、よく目詰まりを起こすようになります。

最初はよくインクが出たのにだんだんとかすれてきてしまいます。

インクの出過ぎ

インクのかすれ以外に、インクが出過ぎる問題もあります。

ペンの描きはじめの時、インクが出過ぎて丸く溜まることもよくあります。

絵を描く時には、この少しの溜まりが作品に影響してくるので、出来るだけ溜まらないペンを使いたいところです。

アクリルの上に描くペンはjuiceが最適!

アクリル絵の具の上に描いてもインクのかすれ、出過ぎが少ないという点でおススメするのがjuiceです。

私も作品にはいつもjuiceを使っています。

このペンはもともと写真の上からスラスラ描けることを売りにしています。

なので絵の具の上でも比較的描きやすいのが特徴です。

インクが詰まって描けなくなることもほとんどなく、描き初めにインクが丸く溜まることもほとんどありません。

また、このペンは顔料を使用しているので、退色にも強く、また、乾くと耐水性になります。

ただし、上から水のついた筆で擦ると落ちます。

念のため、バーニッシュ等の保護スプレーを完成後にかけたほうがいいです。

価格も安価なのが嬉しいですね。一本で100円ほどです。

この作品はすべてjuiceで描かれています。↓

作品完成後にバーニッシュをする場合はスプレータイプのものを使用します。

液体タイプだと、線がにじんでしまうためです。

juiceまとめ

もし、まだ画材用のペンで迷っている方がいたら、一度juiceを使ってみるのをお勧めします!

パイロット Juice(ジュース) 0.5mm 36色セット+ペンスタンド付

コメント

タイトルとURLをコピーしました