人生で買ってはいけないもの【浪費・投資・資産の違い】

お金と節約
スポンサーリンク

節約をする時に買ってはいけないものが存在てしています。

ついつい買ってしまうもの多いので、今回解説していきます。

人生で買ってはいけないもの

人生を豊かにするためには、買わないほうが良いものが存在しています。

それらは、普通の多くの人がついつい買ってしまいがちなもの。

具体的に、どんなものを買ってはいけないのかを解説していきます。

基本的な考え方

買わないほうが良いものを決める基準としてまずは、

「浪費・資産・投資」この違いを知りましょう。

浪費に多くお金を使ってしまうと、お金に苦労して働き続けることになるので、

基本的には買わないほうがよいです。

お金を増やすためにはいかに資産と投資にお金を回すかが人生では重要になります。

浪費と資産と投資の違いを知ろう

浪費と資産と投資の違いについて解説します。

一般的にはこのような違いがあります。

・浪費→人生で無駄なもの。でも今を豊かにするもの

・資産→価値が維持できるもの。

・投資→今後、払った以上の対価を生み出すもの

浪費は今を豊かにするので全くダメではないですが、できるだけ資産や投資にお金を使っていきましょう

払ったお金価値>物の価値 は買ってはいけない

資産や投資は払ったお金がそのままもしくは増えるものなので、お金を使えば使うほど経済的に豊かになっていきます。

浪費に使っていくと、浪費のために毎日働かなくてはいけなくなるので、どんどんじり貧になっていきます。

なら、投資と資産にお金を使えばいい!と簡単な話ではなく、じつは資産や投資に見えても実は浪費になっているものも存在します

これに気が付くかが人生の分かれ道になるので注意しましょう。

ここからは具体的に何が浪費、資産、投資になりやすいものかを解説していきます。

人によっても変わってくるので、あくまで一般論として聞いてください。

浪費になりやすいもの一覧

・自宅

・保険

・自動車

自宅

自宅は資産にはなりません。

これは基本的に浪費にあたります。

特に新築の家は買った瞬間に価値が半減します。

例えば新築として買うと、中古で転売した時に値段が下がりますよね。

また、加えて固定資産税や維持費もかかります。

維持費用項目一戸建て
税金300万円
修繕費用800万円
保険料80万円
合計1,180万円
出典 すまいステップhttps://sumai-step.com/column/article/2135/

上記の表は30年間の維持費用で、1180万円。年に換算すると39.3万円ほど。

住宅そのもののローンもこれに足されます。

仮に物件が3000万円ほどだと、トータルで4180万円。

これは、もし投資に回していたら年率4%の資産運用で164万円ほど利益が出ます。

ほどほどに節約して暮らしていれば、働かなくてもよくなるほどの金額。

もし購入を検討しているのなら、この金額も踏まえて検討しましょう。

一方で、投資や資産になる場合もあります。

例えば、土地の値段が上がりそうな物件を買う場合や、他の人に部屋を貸す場合です。

この2つは払った金額以上のお金が戻る可能性が高いので投資や資産に入ります。

保険

保険は資産ではなく、浪費に当てはまります。

これは、買った時点でそのものの価値は下がっているためです。

イメージとしては宝くじに近いですね。(宝くじは確率的に買った時点で価値は半減してます。)

払う金額のうち、手数料を取られているので、実質的な価格は下がっています。

たまに、積み立てにもなるとか、病気にならなかったらお金が返ってくるなんてものもありますが、

それも浪費であることに注意しましょう。

保険が必要なものは、火災保険や自動車保険などの、損害が大きすぎで自分の資産でカバーできないもののみです。

生命保険や死亡保険など、カバーできるものに関しては保険に入らずにその分を投資に回したほうが良いです。

自動車

自動車は買った時点で値段が下がり、それ自体でお金を生むわけではないので、基本的には浪費に当てはまります。

※仕事の業務で車を使う場合は浪費には当てはまりません。

自動車は自動車本体の値段だけでなく、維持費が多くかかります。

年間の維持費の平均

もし、田舎で暮らしていたり、仕事でどうしても車が必要でないのなら、車は持たないほうが賢明ですね

たまに必要な程度なら、友達に頼んだり、レンタカーやタクシーを利用しましょう。

資産になりやすいもの一覧

物件

SNS、ブログ

インデックス投資

物件

物件は投資や資産になる場合があります。

これは、今後価値が上がる物件を購入して転売したり、人に部屋を貸す場合です。

初期費用がかかりますが、払ったお金以上のリターンが見込めます。

自宅を買う場合でも、今後価値が上がる物件であれば、浪費ではなく投資や資産になっていきます。

でも、そんなにお金無いよ!

という方は、投資信託で不動産を扱っているファンドに投資して、運用の利益をもらうこともできます。

これは物件を共同で購入して、利益も分配されるしくみ。

SNS、ブログ

あまり買うものではないですが、SNSやブログは資産に入ります。

それ単体で広告収入を得られたり、人との繋がりを得られるためです。

SNSは現在は以下のものがあります。好きなものから始めましょう。

・Twitter

・Instagram

・Facebook

・Youtube

ブログも現代の資産の1つです。

今は誰でも簡単にはじめられることもでき、一度書いてしまえばずっと残って誰かに読まれます。

少しずつ記事が溜まっていくと、ファンも増えて人が集まってきます。

ブログによって、信頼を得られたり、仕事の顧客獲得に繋がったり、ものを宣伝できたりとなにかとできることが多いです。

なので、1人1つはブログを持っていてもいい時代かなと僕は思います。

このブログも自分の節約に役立つ情報を発信して、節約に困っている人を助けられればと思いはじめました。

現在では、ブログを買うこともできて、すでに収益が出ているブログがネットで売買されています。

投資になりやすいもの一覧

・本

・講座、セミナー

・仕事道具

・健康のためのジムや食品

投資は、お金を得られるものだけではなく、そのための知識や、やる気を生み出すものも投資に含まれています。

本は投資になります。

本によって知識を得ることで、仕事が捗ったり、アイディアが得られたりするためです。

これは本に限らず、勉強関係のものは全て投資に入ります。

特に若ければ若いほど効果があるので、本をたくさん読みましょう。

大人になるとなかなか本を読む機会が減ってきますが、月に2冊は読みたいところ。

僕はAmazonのUnlimitedで本を読んでいます。

月額1000円で登録している本が読み放題になるサービスです。

知りたい分野のことに関して、基本的な本は大体無料で読むことができるのでとてもオススメ。

特に副業関係の本が多く、これから副業を始めたい!という人は登録をしてみると良いです。

月に2冊ぐらい読めば元が取れるので、コスパも良いですよ。

特にキャンペーン期間であれば月に100円で読めたりもします。

講座、セミナー

講座やセミナーなども本と同様に投資になります。

これによって、より給料の高い仕事に転職できたり、仕事の効率化などに繋がるためです。

ただ、高すぎる講座に関しては僕はおすすめしません。

現在はYoutubeやブログ、本などである程度のことは独学できるようになっています。

それらは無料もしくは低コストなので、そこから勉強しましょう。

高額なセミナーや教材に関してはそもそも払うお金に見合う価値があるのかを考えましょう。

仕事道具

仕事のためのパソコンやスマホ、アプリなどは投資になります。

これによって副業ができたり、仕事が捗るため。

特にパソコンは副業ではほぼ必須のアイテムです。

副業をしたいけどパソコンが家に無い人はまず買い揃えることから始めましょう。

パソコンが古すぎて動かないなんて人も買い換え必須。

パソコンは動画を編集する必要がなければ5万円前後で揃います。

cpuがcore5程度のパソコンがオススメ!

健康のためのジムや食品

健康も資本の一つなので、投資して気を遣いましょう。

不健康だと、仕事をする気が減ったり、人生が豊かになりません。

毎日の運動や、野菜を食べる食生活に気をつけたいところです。

節約したいからといって、不健康な生活をするのは本末転倒です。

若いときから気を付けないと、50代を超えてくるあたりでつけが回ってきます。

スーパーやコンビニがメインなら、野菜ジュースやサラダも忘れずに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました