WiMAX2+のポケットWi-Fiは自宅で仕事できる?在宅ワークの時のメリットデメリット

お金と節約
スポンサーリンク

今回はWiMAX2+(Speed Wi-Fi NEXTW06)を実際に使ってみた感想を書いていきます。

この記事では、モバイルルーターのWiMAX2+で在宅ワークをするときのメリットデメリットについて解説していきます。

WiMAX2+(Speed Wi-Fi NEXTW06)モバイルルーターとは?

WiMAX2+(Speed Wi-Fi NEXTW06)モバイルルーターは近年発売されたモバイルルータの機種のことで、

現在はGMOとくとくBBBroad WiMAXBIGLOBE WiMAXを介して契約ができます。

実際に僕は1年ほど前に、家の固定回線からモバイルルーターに切り替えました。

WiMAX2+モバイルルーターのメリット

WiMAX2+モバイルルーターを実際に使ってみたメリットについてまとめてみました

メリット

・コストが安い

・工事不要でコスパが良く、導入も楽

・持ち運びが楽

・USB電源なので、スマホ携帯バッテリー充電器が使える

・wifiの無い喫茶店とかでもパソコンが使える

・コストが安め

WiMAX2+は契約した会社にもよりますが、

Wi-Fiが使い放題のプラン(3日で10Gを超えると通信制)で毎月3000円前後で使えます。

同じ通信速度でも、賃貸のアパートの共有回線だと毎月5000円ぐらいかかる場合もあるので、それと比べると安め

実際、僕の自宅は賃貸のアパートで、その時にネット回線がアパート全体でまとまっているようでした。

そのため、ほかの住人にWi-Fiのヘビーユーザーがいると回線速度が遅くなっていたんです。

なのでモバイルルーターに切り替えたのですが、毎月の速度も下がり、コスパが良いので満足しています。

こざかい
こざかい

アパートだと回線速度がメーカーの記載よりも下がってしまいます

・工事不要でコスパが良く、導入も楽

モバイルルーターは無線なので、工事が不要なのもうれしいメリットです。

ネットの工事には通常大体5万円ほどの工事費がかかります。

その費用が無いので、その分安く使えます。

また、ネットで登録すると1週間後ぐらいに自宅に配達されてすぐに使うことができるので、かなりお手軽です。

・持ち運びが楽

WiMAX2+はスマホ1台分ぐらいの軽さなので、どこでも自由に持ち運ぶことができます。

家の2階とかにもって行ったりとか旅行にも一緒に持っていけますね。

・USB電源なので、スマホ携帯バッテリー充電器が使える

モバイルルーターの電源はUSBなので、携帯用の持ち運べる充電器が使えます。

パソコンのUSBでも充電できますが、それだとパソコンの電源を消耗するので、例えば電源の無い喫茶店で使うときには不便なんです。

でも、別で携帯用充電器を持っていれば、パソコンの電源を使わずにWi-Fiが使えます。

・wifiの無い喫茶店とかでもパソコンが使える

在宅ワークだと気分転換にカフェで仕事する機会も多いのではないでしょうか。

でもたまに個人経営のお店とかだと、まだWi-Fiが無いお店もありますよね。

モバイルルーターを使えばそういった場所でパソコンを使えるようになるのもうれしいメリットです。

なので移動の多い仕事の方にはかなり向いているのかなと思います。

WiMAX2+モバイルルーターのデメリット

WiMAX2+モバイルルーターのデメリットについてもまとめてみました

WiMAX2+モバイルルーターのデメリット

・回線速度が遅めなので高画質の動画を必要とする仕事には向かない

・速度制限がかかる

・自宅が持ち家の住んでいる人にとってはコスパが悪い

・回線速度が遅めなので高画質の動画を必要とする仕事には向かない

WiMAX2+は回線速度は遅めです。

これはもともとモバイルルーター自体どれも回線速度は遅いもので、最近になってまともな速度になってきたという感じです。

当然普段から有線の光回線を使っているような人から比べるとかなり遅く感じてしまいます。

回線速度は、YouTubeの高画質動画(HD)は見れず、速度制限がかかっても720pの画質なら問題なく見ることができるレベルです。

そのため、在宅ワークで使う場合は容量の重い動画データをやり取りするような仕事には向きません。

・速度制限がかかる

WiMAX2+は契約プランとは別に速度制限がかかることがあります。3日で10Gが目安です。

とはいえ、長時間動画を見たりしなければ超えない量なので、あまり気にしなくてもよいと思います。

ブロガーやWEBデザイナーにはあまり関係ないですね。

動画編集の仕事であればすぐに通信制限がかかるのでWiMAXはやめておきましょう。

・自宅が持ち家の人にとってはコスパが悪い

自宅が持ち家の人にとってはコスパが悪いと思うかもしれません。

モバイルルーターは持ち運びができるので、完全に下位互換ではないですが、

持ち家の有線でWi-Fiを使うほうが同じ料金で比較したときに回線速度が速く、コスパが良いためです。

結論 WiMAX2+は在宅ワークに向いてる

結論をまとめると、重いデータをやり取りする仕事でなければ在宅ワークに向いています。

近所の喫茶店などでも気軽に場所を変えて仕事もできますし、比較的コスパが良いからです。

ライターやプログラマ、WEBデザイナーなどには向いていますね。

逆に向かない職業は動画編集なのなので気を付けましょう

初月1380円でWiMAX2+を使う方法

WiMAXはこちらのサイトから契約できるので、一度見ておくことをおすすめします。

(カシモWiMAX)

カシモWiMAXでは初月1380円~翌月以降3610円で契約ができます。

ほかの会社でも契約はできますが割引特典が分かりにくく、手間がかかるので、カシモが使いやすいのでおすすめです。

これから在宅ワークをしようと思っている方はぜひ切り替えてみてください。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました