スポンサーリンク

布に描く!【ターナー布えのぐ】描き方と使い方

画材紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

布に描く!【ターナー布えのぐ】描き方と使い方

布に描く絵の具は何を使っているでしょうか?

今回は私のお勧めする布用の絵の具の

「ターナー 布えのぐ」をご紹介いたします。

ターナー布えのぐとは?

「ターナー 布えのぐ」とは、絵の具メーカーとしてはトップクラスの大手であるターナー社が販売している布用の絵の具です。

色数も豊富で、24色近く販売されており、全国の画材店で購入することができます。

ぬのえのぐの特徴

布えのぐを実際に使ってみて感じた特徴はをまとめます。

特徴

・使った感じはアクリル絵の具とほぼ同じ

・絵の具としてはとても使いやすい

・どんな生地にも描ける

・厚塗りする場合は専用のメディウムが必須

布えのぐの使い方

布えのぐの使い方はアクリル絵の具と同じ使い方になります。

筆はナイロンの筆を使うのがおススメ。

アクリル絵の具は一般的にナイロン筆と相性がいいです。

ナイロン筆は100円ショップのもので十分使えるので、そこで買います。

絵の具を薄める場合は水で薄めます。

乾くと耐水性になるので、使い終わった筆は乾く前にすぐに水で洗います。

絵の具が余った時はサランラップをかけると保存できるので、絵の具を出しすぎたらサランラップで乾かないように密閉しましょう。

絵の具を厚塗りする場合は専用のメディウムを30%ほど絵の具に混ぜます。

なぜなら、厚塗りをすると乾燥後に絵の具がひび割れるためです。

しかし、メディウムを混ぜることで、絵の具に柔軟性が増してひび割れが起きにくくなります。

こんな絵も描けます!

僕のYouTube動画ですがこちらをご覧ください。

「ターナー布えのぐ」を使って描かれています。

見るだけでなんとなく使い方のコツもつかめてくると思います。

【パンツ】ガチでパンツに鹿を描いてみた!【本気】

まとめ

「ターナー布えのぐ」は布用絵の具としてはかなり使いやすかったので、初心者にもおすすめです。

全国の画材店で販売していますが、色数やサイズが少ない場合が多いのでネットで買うのをおすすめしています。

是非皆さんも描いてみてはいかがでしょうか!

ターナー色彩 アクリル絵具 布えのぐ 12色セット

↓このメディウムは必須です。必ず合わせて使います。

ターナー色彩 アクリル絵具 布えのぐ 専用メディウム

コメント

タイトルとURLをコピーしました