ポスターカラーとアクリル絵の具の違い

ポスターカラーとアクリル絵の具の違いポスターカラー

今回はポスターカラーとアクリル絵の具の違いについて解説していきます

ポスターカラーとアクリル絵の具の違い

こざかい
こざかい

ポスターカラーとアクリル絵の具の違いは主に下記の2つ

・ポスターカラーは不透明のみ

・アクリル絵の具は耐水性がある

・ポスターカラーは不透明のみ

アクリル絵の具は透明色と不透明色の両方がありますが、ポスターカラーは不透明色のみです。

不透明色なので、下地の色をしっかりと隠すことができます。

また、水で多めに溶かせば水彩のような雰囲気の絵を描くこともできるので、透明水彩っぽい使い方もできます。

こざかい
こざかい

そもそも耐水性が無いので、透明色である必要性も少ないですね。

一方でアクリル絵の具は透明色と不透明の2種類があります。

普通のアクリル絵の具は透明色があり、色によって透明度が異なります。

これはパッケージの裏に表記がされているので、それを確認しながら使いましょう。

また、これと区別して不透明色はガッシュと呼ばれています。

アクリルガッシュはすべて不透明色で構成されており、黄色のような色を除けば下地をしっかりと隠す隠ぺい力があります。

アクリル絵の具を買うときは、自分の絵の雰囲気に合わせて使い分けることが必要で、

もちろん両方を併用することはできます。

こざかい
こざかい

ちなみに、ポスターカラーとアクリル絵の具の併用はおすすめしません。

・アクリル絵の具は耐水性がある

アクリル絵の具とポスターカラーの大きな違いは乾燥後の耐水性です。

アクリル絵の具は乾くと耐水性がありますが、ポスターカラーにはありません。

この点が1番の違いです。

これは絵を描くときにかなり使い勝手が変わります。

アクリル絵の具は乾いても耐水性があるので、重ね塗りが簡単にできます。

失敗しても下の色を隠せるので、比較的修正がしやすく、どんどん色を重ねていけるのが大きなメリット

一方でポスターカラーは耐水性がありません。

なので、色を上から重ねると下の色をにじませてしまいます。

アクリル絵の具のように何度も重ね塗りをしていくことは難しいですね。

修正がしにくいので、かなり計画的に描き進める必要があります。

ですが、ポスターカラーはグラデーションがきれいに作れる絵の具です。

下地を溶かすので筆の跡を残しにくく、かなりきれいなグラデーションが作れます。

手描きのアニメーションの世界ではポスターカラーがよく使われており、空の青のグラデーションや

海、夕焼けなどの表現に最適。

こざかい
こざかい

耐水性がないことはメリットでもありますね。

扱いには慣れが必要ですが、手早くきれいな絵を仕上げるときに向いています。

極めるとジブリのような背景も描けるので、奥が深い絵の具。

おすすめのアクリル絵の具

アクリル絵の具のおすすめは、透明色ならリキテックス、不透明のガッシュならターナーがおすすめ。

どちらも質が良く、色が最多。

僕も普段よく使っている絵の具なので、とてもおすすめできます。

詳しい特徴については長くなってしまうので、こちらの記事で解説しています。

おすすめのポスターカラー

ポスターカラーのおすすめはニッカーかターナーです。

ニッカーは価格が少し高めですがプロのアニメーター御用達の絵の具で発色と色の伸びの良さが最高。

ターナーは価格が抑えられており、初心者にもおすすめ。

詳しい違いについてはこちらで解説しています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました