型取り用の石膏の選び方!オススメのメーカーと選び方について解説

今回は型どり用の石膏の選び方について解説していきます!

型どり用石膏の選び方

大きめのレジンの作品で型を取るために、石膏で型をとることがあります。

その時に、型どりに使う石膏には選び方があるのを知っているでしょうか。

今回はその選び方のコツを簡単に紹介していきます!

こざかい
こざかい

石膏にはいくつか種類があります。

そのあたりを解説していきます!

メーカーは吉野石膏がオススメ。

石膏のメーカーはいくつかありますが、

最大手の吉野石膏がオススメ。

吉野石膏は造形用の石膏も多く販売しており、きめの細かい石膏も多く製造しています。

また、家庭用の小分けサイズも販売されているので、特にこだわりが無ければ吉野石膏が良いです。

こざかい
こざかい

ホームセンターや画材店で販売されている石膏は大抵が吉野石膏です。

石膏の種類を知ろう

型どりに使われる石膏にはいくつか種類があります。

・特級

・A級

・B級

・ハイストーン

特級からB級までは焼石膏で、きめの細かさでランク付けされています。

特級が一番きめが細かく、なめらか。

ハイストーンはほかの石膏とは違い、樹脂入りの石膏になっています。

きめの細かい石膏を使おう!特級石膏がオススメ

石膏で型どりをする場合、基本的にはA級か特級の石膏を使いましょう。

細かいものの場合は特級がおすすめ。

きめが細かいとその分、型どりの精度が上がるので、形が甘くなりにくくなり、磨く手間も減ります。

価格もそこまで高くなるわけではなく、せいぜい2割り増しほど。よりランクの高いものを選びましょう

B級は石膏のかさ増しとして使うのはありです。

例えば、作品に当たる部分だけ特級を使い、補強としてB級をつかって厚くしていきます。

こざかい
こざかい

家で型どりをするぐらいのサイズなら特級を選びましょう

ちなみに家で石膏を使う場合は、大量に使う場合でも2kgぐらいの小分けのものを購入すると使い勝手が良いです。

強度が必要ならハイストーンを使おう

石膏を一度きりではなく、繰り返し使う場合は樹脂入り石膏(ハイストーン)を使いましょう

ハイストーンは樹脂入り石膏で強度がとても高い石膏です。

固まると石膏のような粉っぽさもなくなり、プラスチックのような質感になります。

強度がとても高く、一度固まると割れることはありません。

型を複製して何度も使うときには普通の焼石膏よりハイストーンのほうが良いでしょう。

ただ、ハイストーンは焼石膏にくらべて割高。

そのため、小さめの作品の型を何度もとるときに最適な石膏といえます。

ちなみに使い方は普通の焼石膏とまったく同じ。

水に溶かして使います。

こざかい
こざかい

ハイストーンは焼石膏に比べて結構割高です。

一度キリの場合は焼石膏のほうがオススメ。

ちなみにハイストーンはホームセンターの模型材料のところで手に入ります。

ただ、販売されていることは稀なので、ネットでの購入がオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました