【元美大生が教える】大人のための絵の具セットのオススメ

【元美大生が教える】大人のための絵の具セットのオススメ画材全般
スポンサーリンク

今回は絵の具セットのオススメを紹介していきます。

小学生の子ども用ではなく、大人向けでプロでも使うような本格的な絵の具を紹介。

子ども向けの絵の具と大人向けの絵の具の違い

小学生の頃に絵の具セットを買ったことがあると思いますが、その絵の具と大人向けの絵の具との違いを説明します。

子ども向けの絵の具はチューブの水彩絵の具で、サクラやぺんてるのメーカーのものを使っていることが多いですが、

それは安価な代わりに水っぽく、発色があまりよくありません。

洗濯で落ちやすかったりするものの、しっかりとした作品を作るときにはあまり向いていない絵の具です。

そのため、大人になって絵を描くときにはもっと高品質なものを買う必要があります。

こざかい
こざかい

小学生の使う絵の具は悪いわけではなく、価格相応なのでたくさん描く分にはいいと思います。

油絵具のセット

絵画といえば油絵ですよね。

重厚感のある絵画を描きたければ油絵具を使ってみましょう。

必要な画材は少し多く憶えるのも大変ですが慣れると楽しい画材です。

乾燥が遅い分じっくりと絵に取り組めたり、うまくなるとリアルな描写もできたりします。

油絵を描いているというとイメージ的にもインテリに見えたりもするので、ちょっと背伸びをして油絵を初めてもいいと思います。

油絵具セットは本格的なものを選ぶとクサカベかターレンスのレンブラントシリーズがオススメ。

この2つはプロでも使う油絵具です。

クサカベは絵の具の色が全体的に落ち着いた色合いで、特に風景画や静物画などに向いている絵の具。

完成した作品の風合いが大人っぽいような印象になります。

クサカベは日本のメーカーでパッケージは少し古臭いですが、老舗のブランドです。

一部のファンからはかなり根強い絵の具のイメージ。

レンブラントシリーズは数ある油絵具の中でも最高級な絵の具。

絵の具の顔料の濃度が濃く、発色がかなり良いです。

画材も重厚な木のケースに入っており、見た目にも高級感が漂います。

そのまま置いておくだけでもインテリアとしてオシャレに見えますね。

ほかのオススメのセットについてはこちらで紹介しています。

アクリル絵の具のセット

アクリル絵の具は小学生の使うチューブ入りの水彩絵の具と似ていますが、アクリル絵の具は乾くと耐水性になる特徴があります。

そのため、重ね塗りや、厚塗りもでき、水彩絵の具のように薄くも塗れる万能絵の具。

絵を描くときにはとても使いやすいので、万人にオススメできる絵の具です。

必要な画材も絵の具の他にはパレットと筆ぐらいなので、揃えるのも簡単。

アクリル絵の具のセットはターナー色彩またはリキテックスがおすすめ。

理由は下記のとおり

・絵の具の顔料が濃く、水っぽくない

・発色が良い

・色のバリエーションが豊富で、好きな色が見つかる

・画材店での取り扱いも豊富

・耐久性もあり、時間がたっても変わらない

これらの点で、ターナーとリキテックスはおすすめ

不透明の絵の具ならターナーのアクリルガッシュ、

透明色の絵の具ならリキテックスを選びましょう。

詳しいメーカーごとの違いはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました