ダイソーの100円のアルコールマーカーの使い心地は?コピックとの違いを解説!

ダイソーの100円のアルコールマーカーの使い心地は?コピックとの違いを解説!ペン・マーカー
スポンサーリンク

ダイソーのアルコールマーカーを買いました!

今回は話題のダイソーのアルコールマーカーについて解説していきます。

100ショップでは現在、セリア、can doでもアルコールマーカーが出ていますが、それと比較していきたいと思います。

100円なのに実際に使えるのかどうかを詳しく検証!

こざかい
こざかい

最近は100ショップでも水彩色鉛筆を販売するようになったりと、画材の質が良くなってきています。

アルコールマーカーも結構人気があるので、今回紹介していきます。

ほかのアルコールマーカーについてはこちらの記事でまとめています

ダイソーのアルコールマーカーの特徴

最初にダイソーのアルコールマーカーについてその特徴をまとめました!

メリット・デメリットはこのようになっています。

・とにかく安い

・ペン先(ニブ)の質は割と良い

・色数は少なめ

・インクの内容量は少なめ

特徴1とにかく安い

ダイソーの100円ショップのアルコールマーカーは2本セットで販売されています。

そのため、1本あたり50円と格安!

アルコールマーカー1000円で出すと20本買えるのでかなりコスパは良いですね。

実際、コピックと比較すると、その値段は7分の1~、5分の1ほど。

コピックが高すぎてなかなか使えないよ!という人にはオススメ。

アルコールマーカーを使ったことが無い人も試しやすい価格ですね

こざかい
こざかい

容量の少ないコピックチャオと比較しても、価格は5分の1程度。

100円ショップの企業努力を感じます。

とはいえ、ダイソーのアルコールマーカーは2本セットなので、片方の色だけ無くなってもう片方が余ることがよくあります。

なので、その分はコスパが悪くなります。

それでも十分安いですけどね!

特徴2ペン先(ニブ)の質は割と良い

ペン先の質は思ったよりも”いい”というのが正直な僕の感想でした。

妙にけば立ったりしないので、十分に使えます。

もともとのインクの量が少ないので、インクが切れるまでの耐久性はありますね。

ちなみにペン先はファインとブロードタイプの2つになっています。

こざかい
こざかい

セリアのアルコールマーカーはペン先がけば立つので、それと比較するとダイソーは結構いいです。

ペン先についてですが、ブラシタイプのアルコールマーカーはダイソーでは販売されていません。

そのため、ブラシを使いたい人はほかのメーカーのものを購入しましょう。

ほかの選択肢としては、ohuhuや、同じ100ショップのセリアなどがあります。

特徴3色数は少なめ

ダイソーのアルコールマーカーは第1弾~第3弾まであり、各20色あります。

合計すると全部で60色ありますが、実際に一般の店頭で手に入るのは20色ぐらいなので結構すくなくなります。

大きい店舗だと1~3弾まですべておいてあるかもしれません。

ダイソーのアルコールマーカーはネットで販売されていないので、色数をそろえるのは難しいですね。

アルコールマーカーで20色だと、かなり絵の表現の幅は狭くなります。

「この色が無い~」とか、「もっと色が薄ければ~」など。

アルコールマーカーは混色が難しいので、色数はできるだけ多い方が良いです。

色数がもっと欲しいときはほかのメーカーのアルコールマーカーで代用しましょう。

こざかい
こざかい

ほかのメーカーだと、ohuhuがオススメ。

色数がかなり多く(180色近く)販売されています。

特徴4インクの内容量は少なめ

100円ショップのアルコールマーカーの中では、使った感じダイソーのものがインクの量が少ない感じがしました。

わりとあっという間になくなるので、よく使う色は多めに買うと良いです。

目安としては、A4用紙1枚分ぐらいに塗るとインクが切れます。

インクが無くなってくるとカサカサとした描き心地になるので、そのタイミングが早いかなといった感じ。

こざかい
こざかい

少し大きい絵を描こうとすると早くインクが切れます。

よく使う色はまとめて買っておきましょう。

ダイソーのアルコールマーカーはインクの交換ができずに使い捨てのため、長期的にたくさん使うならコピックのほうがコスパがよくなります。

コピックはインク補充ができるので、自分で補充することでダイソーのマーカー並みのコスパになりまます。

もちろんコピックのほうが質が良いので、検討してみてください。

ダイソーのアルコールマーカーの結論 こんな人にオススメ

ダイソーのアルコールマーカーは、100円ショップのアルコールマーカーの中では1番良いかなと思いまし

ペン先の質もある程度あり、十分使えるマーカーです。

そのため、試しにアルコールマーカーを使いたい人にもオススメできます。

とはいえ、色数がまだ60色と少ないので、本格的に絵を描くひとには物足りないかもしれません。

また、ブラシタイプも無いです。

その場合はohuhuのアルコールマーカーの大量のセットがオススメ。

ohuhuのアルコールマーカーもオススメ

もっと色数が欲しい人、ペン先がブラシのものを使いたい人には同じ激安アルコールマーカーのohuhuがオススメ。

詳しいレビューはこちらで解説しています。

合わせて参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました