スポンサーリンク

アートを副業とするためのアドバイス

すべての投稿一覧
スポンサーリンク

今回はアートが副業として成り立つのか

について考えていきます。

スポンサーリンク

アートを副業にすること

現在、政府の方針として副業が推進されている中、プログラマーやライターなどの副業が注目されています。

そんな中、アートが副業としてその選択肢に入ることができるのでしょうか。

私の考える結論としては

・稼ぐためなら労力が見合わないのでまず無理

・趣味もかねてそこまで稼げなくてもいいならあり

・販売にはアートレンタルサイトなどを使う

です。

アートを副業にするなら労力がかかりすぎる

まず、日本国内向けに販売するなら、具象的な絵を描く必要があります。

日本で売れる絵の傾向として、花や猫、風景を描いた作品が好まれる傾向があります。

しかし、具象的な絵を描く場合、初めて絵を描く人であればある程度最初に基礎的なデッサンを練習する必要があります。

仮に描いたとしてもそもそもの需要が少ないため、すぐに絵が売れるのは難しいです。

趣味もかねてそこまで稼げなくてもいいならあり

労力はかなりかかる割にお金にはなりにくいですが、趣味を兼ねて行う分には副業としてはありなのかなという感じはあります。

他の副業と違って楽しんで作業できるという感じがあるので、それを重視するなら選択肢に入ります。

また、物を作るのが好きということであれば、絵よりも需要のあるハンドメイドのアクセサリー等にシフトした方がいいかもしれません。

販売方法にはアートレンタルサイトなどを使う

アートを副業として始めたときに最初の売り方について考えると、まだ集客ができていない段階では、アートのレンタルサイトに出品するというのが現実的だと思います。

レンタルサイトは現在Casieが行っています。

ここではアートのレンタル料金の一部が作家に還元される仕組みで、

そのまま販売にもつながる場合があります。

審査はありますが、誰でも出品できるのでまずはここから始めてみるといいかもしれません。

また、徐々にファンを付けるためにSNSなどで日々の作品の記録や、ブログを書くことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました