シュミンケのソフトパステルの特徴と比較まとめ

シュミンケのソフトパステル特徴と比較まとめクレヨン・パステル
スポンサーリンク

シュミンケのソフトパステルとほかのメーカーを比較してみた

今回はシュミンケのソフトパステルを実際に使ってみたので、詳しく解説しています。

シュミンケはソフトパステルの中では最も有名で、値段が高いことで知られています。

でも、実際に価格に見合っているのか気になりますよね。

なので、そのあたりを詳しく書くのでこれから買ってみようか迷っている人は是非参考にしてみてください。

こざかい
こざかい

高くても質が良くなかったらがっかりですよね。

なので、相応の質なのか実際に確かめてみました!

シュミンケソフトパステルの特徴

シュミンケのソフトパステルの特徴は下記のとおりです。

・かなり高い

・めちゃくちゃ柔らかい

・色もかなりあざやか

・かなりきめが細かい

ちなみに実際に各メーカーのものを試しています↓

ソフトパステル、ゴンドラ・マイメリ
ソフトパステル、レンブラント・シュミンケ
ソフトパステル、ラウニー、ホルベイン

・かなり高い

シュミンケのソフトパステルはかなり高価なパステルです。

単色で買うと1本あたり660円ほどとかなり高価。

おそらくソフトパステルの中では一番高いです。

なので、なかなか気軽には使えませんが、質はそれに見合ったものなので作品に力を入れたいときに使いたいですね。

こざかい
こざかい

この価格だと結構使うのに躊躇しますね。

セットで買うとかなりの値段がします。

・めちゃくちゃ柔らかい

シュミンケのソフトパステルはソフトパステルの中で最も柔らかいパステルです。

直接紙に塗った瞬間に崩れるように色が乗っていきます。

こんなに色が乗る?っていうぐらいがっつり塗れますね。

周りにも粉が飛び散るほど。

カッターなどで粉を削りだすときもかなり簡単に削れて行きます。

ソフトパステルは顔料に少量の粘着剤を混ぜて作るのですが、おそらくその粘着剤がかなり少なく、ほぼほぼ顔料みたいな感じがします。

こざかい
こざかい

粘着剤を極限に抑えたほぼ顔料の塊のようなパステル。

顔料への自信が表れていますね。

・色もかなりあざやか

色もかなり鮮やかです。

冴えるような鮮やかさで、これ以上鮮やかにはならないと思うほど鮮やか。

柔らかさも相まって、色がしっかり乗るので余計に色が鮮やかに感じます。

今回試したパステルの中では最も鮮やかでした。

単一顔料の純度がとても高く、ソフトパステルの最高峰といえますね。

・かなりきめが細かい

シュミンケは指でこするとわかるのですが、かなり粒子が細かいです。

普通のパステルだと触った時に少しざらつく感じがしますが、シュミンケは全くざらつかないほど。

しっとりとしており、あまり触った感じがしません。

かなり顔料のきめが細かいので、紙の目にもしっかりと入り込むように伸びてくれます。

なので、紙の目で起きる色のムラがかなり少ないのも特徴。

こざかい
こざかい

実際に使ってみて、このきめの細かさが最大の特徴かなと思いました。

のばしてグラデーションをつくるとめちゃくちゃきれいに塗ることができます。

シュミンケのソフトパステルはこんな人におすすめ!

シュミンケのソフトパステルはこんな人におすすめです!

・きめの細かいパステルを使いたいとき

・お金を気にせず、とにかく質のいい最高のソフトパステルを使いたいとき

シュミンケのソフトパステルは質はいいのですが、価格も高いので大事な時に使いたいですね。

最大の特徴は顔料の柔らかさときめの細かさがダントツ。

かなりきれいなグラデーションが作れます。

パソコン上の画像だとなかなか伝わりづらいですが、実際かなりほかのメーカーとは違います。

公募展に出す作品や、販売する作品など、クオリティの高い作品を制作するときに使いたいパステル。

ぜひ皆さんもこの機会に試してみてはいかがでしょうか!

こざかい
こざかい

金額が高い以外には最高の品質を誇っています。

これ以上のソフトパステルは無いので、ぜひ一度使ってみてください。

また、シュミンケのような高い画材は楽天で買うとポイントもつきやすいので、ネットで購入するのがおすすめです。

ほかのメーカーについて詳しくはこちらでまとめています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました