レンブラントのソフトパステルの比較と特徴まとめ!

レンブラントのソフトパステルの比較と特徴まとめ!クレヨン・パステル

レンブラントのソフトパステルの特徴について解説していきます。

今回はレンブラントのソフトパステルについて特徴をまとめてみました!

このソフトパステルは画材店でも割と見かけるパステルかなと思います。

どんな特徴があるのか、僕がいろんなメーカーのものを試してみたので、今回紹介させていただきます。

ぜひ参考になれば幸いです。

メーカーはターレンス

レンブラント ソフトパステルのメーカーはターレンスになります。

ターレンスはオランダのメーカーで、オランダ王室からロイヤルの称号をもらうほど歴史のある画材メーカー。

日本でも販売されている画材は多く、アクリル絵の具や油絵具が結構有名。

画材は質と価格帯のランクで共通のブランド名がついており、高価格な順に

レンブラント、ヴァンゴッホ、ターレンスとなっています。

今回紹介するソフトパステルはレンブラントなので、高級な部類に入っています。

こざかい
こざかい

ブランド名で価格帯がわかるので、とても分かりやすいですね。

レンブラントソフトパステルの特徴

レンブラントのソフトパステルは以下の特徴があります。

・価格は手ごろ

・比較的柔らかい

・発色が良い

・おそらく最もコスパがいい

実際に比較してみたものがこちら↓

ソフトパステル、ゴンドラ・マイメリ
ソフトパステル、レンブラント・シュミンケ
ソフトパステル、ラウニー、ホルベイン

・価格は手ごろ

レンブラントのソフトパステルは1本あたり200円ほどとそこまで高くありません。

色鉛筆と同じぐらいの価格。

大人が使う画材としての性能も十分で、使いやすいですね。

セットで30色ぐらい買っても6000円ほどで済むので、初めてソフトパステルを使う人もそろえやすいのかなと思います。

ハーフタイプだと1本100円ほど。

・比較的柔らかい

レンブラントのソフトパステルは比較的柔らかいソフトパステル。

ソフトパステルは基本的に価格が高くなるほど柔らかくなるのですが、200円という価格ながら割と柔らかい感じです。

もちろん、シュミンケが最も柔らかいのですが、それに次いでラウニーとレンブラントが柔らかいです。

シュミンケは1本600円、ラウニーは350円ほどするので、それに並べるレンブラントは価格に対して柔らかめといえますね。

柔らかいとその分しっかりと色を乗せられるので、ソフトパステルの柔らかさはとても重要な指標。

・発色が良い

レンブラントのソフトパステルの発色はそこそこ良いかなと思います

全体的に落ち着いた感じで、油絵のような力強い色が多いです。

大人が使うソフトパステルの品質は十分に持っています。

本格的にパステル画を始める人も使えるので、初心者が初めて購入してもずっと使えますね。

最初はレンブラントを使ってみて、もっと鮮やかなソフトパステルが欲しかったらラウニーやシュミンケを少しずつ買い足せばいいかなと思います。

・おそらく最もコスパがいい

レンブラントのソフトパステルはおそらく現状最もコスパのいいソフトパステルかなと思います。

1本200円の価格では十分な性能を持っていると感じました。

初めて使うソフトパステルとしてはとてもおすすめできますね。

初めての画材を買うときに1万円を超えるとちょっと躊躇しますが、レンブラントのソフトパステルは30色セットでも6000円ほどなのがいいですね。

特にソフトパステルは混色のきれいなグラデーションを作るために、たくさんの色数を持ておいた方がいい画材。

なので、最低でも30色はほしいです。

こざかい
こざかい

ハーフサイズだと、6000円で60色のセットを買うことができます!

絵を描くにはこのぐらいの色数があってもいいかもしれません。

レンブラントのソフトパステルはこんな人におすすめ!

まとめるとレンブラントのソフトパステルはこんな人におすすめです。

・初めてソフトパステルを使う人

・高品質かつコスパのいいものがほしいひと

レンブラントのソフトパステルは200円という価格の割に柔らかく、色が乗りやすいパステルです。

ソフトパステルとしては結構使いやすいので、コスパがいいパステルだと感じました。

初めてソフトパステルを使う人はこのパステルから始めるのはとてもおすすめ。

ぜひこの機会に使ってみてはいかがでしょうか!

ほかのメーカーについてはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました