クロッキーが上達しない人へ!コツをまとめました

クロッキーが上達しない人へ!コツをまとめました制作のアドバイス
スポンサーリンク

クロッキーが上達しない?

今回は絵を上達させたくてクロッキーを描いてるけど、なかなかうまくいかないことありますよね。

今回はそんな人向けに、どう工夫して絵を上達させていくかについて解説しています。

ちなみにクロッキーの描き方についてはこちらで動画付きで説明しています↓

前提 クロッキーはつまらない 

前提として、絵を描きなれていない人にとってクロッキーは本当につまらないです。

なので、実は継続すること自体がかなり難しい練習方法。

クロッキーはスポーツでいうと筋トレと同じで、最初は習慣になるまでかなり大変。

いつの間にかやめてしまうのが普通です。

一部のマニアだけが長く続けられて、いつの間にかムキムキになっているのと同じ。

なので、上達はしなくても継続出来たらそれだけでもかなりすごいこと。

もし今クロッキーを続けているけど上達しないという人がいたら、めちゃくちゃ褒めてあげたいです

クロッキーを習慣化させる

クロッキーを習慣化させるには、空いた時間にこまめに描くことを意識するといいと思います。

学校だったら休み時間に1枚描いてみるとか、仕事の気分転換に描いてみる、

寝る前に描いてみるなどがおすすめ。

時間をがっつりかけて何枚も描こう!というよりは、毎日のこの時間の合間にすこしずつ描く方が長続きしますね。

僕は美術予備校の時に休憩時間や、高校の休み時間、寝る前に描いていました。

クロッキーはどのくらいで上達を実感するのか

クロッキーはどのくらいで上達を実感できるのかですが、

毎日5分を10枚ぐらいのペースで描いたとしたら、大体3か月~半年で実感できるレベルです。

かなり緩やかに上達します。

この時に大事なのが、必ず描いたクロッキーを残しておくということ。

1か月後、2か月後に振り返った時に、今の自分が描いたものと見比べて上達を実感できます。

クロッキーの上達はかなりゆっくりなので、過去と比較してはじめてきがつきます。

描いた量がそのまま目に見えと、自分はこれだけ頑張ったんだという自信にもなるので、

描いたクロッキーは必ず残しておきましょう。

クロッキーは描く時間よりも見る時間を長くしよう

クロッキーだけではなく、絵を描くとき全般に言えることなのですが、

描く時間よりも見る時間のほうをずっと長くすることがとても大切。

大体、描く時間が3で見る時間が7ぐらいの割合です。

5分で1枚クロッキーを描くとしたら最初の1分はずっと見る時間にして、

紙のここにこんな線を引こう!とイメージしてから1本線を引いて、

そしたらまたモチーフを見て、イメージして、引いてを繰り返します。

クロッキーで鍛える力は絵の描き方ではなく、観察力を鍛えるものなので、

観察する時間を長くするとより上達します。

こざかい
こざかい

絵を描く初心者にありがちなのが描く時間が長すぎるということ。

絵がうまい人ほど見る時間を長くとっています。

スマホのタイマー機能を使おう!

クロッキーは時間制限をつけておこなうとゲーム感覚で楽しめます。

時間は5分前後がおすすめ。

時には1分や10分で1枚を描いても良いですね。

タイマーはスマホにもついているので、活用していきましょう。

クロッキーの描き方いてはこちら↓

クロッキーの参考書

クロッキーを描くときに一緒に読みたい本はこちら↓

是非参考にしてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました