パステル色鉛筆とは?おすすめとメーカー比較まとめ!

パステル色鉛筆とは?メーカー比較まとめ!色鉛筆

パステル色鉛筆を使おう!

今回はパステル色鉛筆に関してまとめてみました。

そもそもパステル色鉛筆って普通の色鉛筆とどう違うの?というところから、おすすめのメーカーまで書いていきます。

是非参考にしてみて下さい!

パステル色鉛筆とは?普通の色鉛筆とどう違うの?

パステル色鉛筆という言葉が聞きなれない人もいると思うので、先にこれがどういうものかについて簡単に解説していきます。

パステル色鉛筆は普通の色鉛筆(油性)と比較すると、かなり粉っぽい色鉛筆です。

かなりチョークに近い感じですね

油性の色鉛筆は顔料にワックスや顔料をつなぎ合わせる糊の成分を混ぜて作りますが、

パステル色鉛筆はその糊の割合がかなり少なく、逆に顔料の割合が高くなっています。

このパステル色鉛筆だからこそできる表現もあるので、絵を描く人には一度使ってみてほしい色鉛筆。

使った感じの特徴としてはこのような特徴になっています

・紙に描いてから手で色を伸ばせる

・ソフトでやさしい雰囲気

・広い面に明るい色を塗るのが得意

パステル色鉛筆はイメージとしては鉛筆をさらに粉っぽくしたもので、

紙に描いてから指やティッシュ、擦筆でこすることできれいに色を伸ばすことができます。

雰囲気は柔らかく、優しい絵を描くことが可能。

逆に細い線や、はっきりとした線を引くことはやや苦手。

パステル色鉛筆はもともとブロック状のドライパステルが原型です。

こちらはより広い面積を塗るのに適しています。

ブロックのパステルとの併用もできるので、一緒につかってみてはいかがでしょうか

パステル色鉛筆の主なメーカー

主なメーカーは下記のとおりです。

こざかい
こざかい

僕のおすすめはダーウェント パステルペンシルです。
一番パステル色鉛筆らしい使い方ができます。

・ダーウェント パステルペンシル
→おそらくパステル色鉛筆の中ではシェアno1。さらさらしている

・ファーバーカステル ピットパステル
→使用感が普通の色鉛筆に近い

・ブランジール ブランジーデザインパステル
→のびと発色が良い

・コンテ・ア・パリ
→コスパが最高

ダーウェント パステルペンシル

ダーウェントパステルペンシルはきめが細かく、さらさらとした感触。

紙にきれいに伸びてくれます。

こすって塗った時の発色がいい色鉛筆なので、とてもおすすめな色鉛筆です。

価格がやや高めですが、最もパステル色鉛筆らしい風合いの絵を描くことができます。

ちなみにダーウェントはイギリスの老舗画材メーカーで、もともとは鉛筆メーカーでした。

なので、画材の中でも鉛筆や色鉛筆に関してはかなりちからが入っています。

ファーバーカステル ピットパステル

普通の色鉛筆に近い 顔料以外が多め?

ファーバーカステルは色鉛筆のメーカーといえば一番に思い浮かぶドイツのメーカーです。

個性を強く出しすぎない王道の色鉛筆を作っている印象があります。

こちらも元々は鉛筆メーカーで、世界の鉛筆のデザインの基準を作ったメーカー。

六角形なのもファーバーカステルが発祥です。

ブランジール デザインパステル

色の伸びと発色がとてもいいパステル色鉛筆です。

顔料のが濃く、品質が高いのが特徴。

パッケージがなんとなく海外っぽい雰囲気がしますね。

メーカーは絵の具で有名なターレンス。

コンテ・ア・パリ パステルペンシル

今回紹介する中ではやや低価格なパステル色鉛筆です。

軸の木の部分が若干硬いので、削る際はカッターを使うとよいです。

全48色

コンテ・ア・パリは発明家のニコラ・ジャック・コンテが鉛筆の原型を作り出したところから始まります。

色鉛筆も開発しており、ピカソ、ドガ、ドラクロワなどの巨匠も愛用していたそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました