美術大学の学費は高い!いくらかかるの?【美大】

すべての投稿一覧
スポンサーリンク

美大の学費は高すぎ!!

こんばんは!こざかいです。

今回は美大の学費について解説していきます。

僕は美大に通っていましたが、決して裕福な家庭ではなかったので、美大の学費には苦労しました。

実際にどのくらいのお金がかかるのかについて考えていきます。

4年間の美大の学費は医大並み

美大の学費はどのくらい?って考えると、皆さんはどんなイメージを持ちますか?

多くの人が「なんとなく高そう、、!」って思いますよね。

実はその通りです、、!

美大の学費はめっちゃ高いです。

医大についで高いんですよ。

学費はどのくらいかかるの?

美大では国公立の大学は安く、例えば東京藝術大学などです。

しかし、一方で美大の学費で高いと言われるのは私立の美大です。

実際にいくらぐらいかかるのかというと、

学費は初年度190万、2年次以降150万円ほどです。

つまり、4年制で合計640万円以上のの学費がかかります。

これに加えて、美大の受験には予備校の費用もかかります。

予備校は1年浪人する人がほとんどなので、予備校費2年分で100万ほど

そうすると、合計で740万円ほどかかります。

なので、学費はめっちゃ高いんです。

なので美大生はお金持ちが多かったりもします。

もちろん苦学生もいますが、なかなかたいへんです。

ところで美大の就職は?

美大の学費が高いと聞くと、就職についても不安になりますよね。

学費が高いのに、まともに就職できなかったらどうしようという不安です。

「美大は学費が高く、就職も不安定だからやめておこう。」

実際に美大受験を考えている人の中にこのような人もいます。

しかし、僕としては美大に入ってもいいと思います。

なぜなら現状が世間的に価値が低くても、将来的に価値が上がる可能性が高いからです。

学費の高い医大ではもちろん医者になる人は多く、医者は給料が良いので大学の学費が高くても我慢できる

という感じがしますよね。

一方で美大はどうでしょうか。

美大はデザインや広告業、造形物制作などの職業が多く、ほとんどは医者のように給料は高くありません。

そのため、お金の面だけでのコストパフォーマンス的に考えれば他の大学の方がましです。

しかし、美大自体はとてもクリエイティブで内容は面白く価値のあるものですし、

現在は世間からの評価が低くても、その価値観は今後10年で変わる可能性もあります。

事実、現在ではWEBデザイナーや動画編集の需要が高いですよね。

また、AIの進出によってクリエイティブなことの価値自体が高まっていくのは明白です。

なので、もし美大に行きたいっていう人は自信を持って行ってもいいと思います。

詳しい就職事情については別の記事でまとめたのでそちらも見てみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました