ハードパステル(ドライ)のおすすめとメーカー比較まとめ!

ハードパステル(ドライ)のおすすめとメーカーまとめ!クレヨン・パステル
スポンサーリンク

ハードパステルのおすすめやメーカーについて解説!

今回はハードパステルについて解説していきます。

絵を描くときやスケッチ、ドローイングに最適な画材で、デザイナーからアーティストまで幅広く使われている画材です。

そんなハードパステルのおすすめのメーカーについて今回はご紹介します。

ハードパステルとは?

ハードパステルとは、顔料にやや多めの粘着剤を混ぜたパステルのことで、

イメージとしては丈夫で硬いチョークみたいな感じです。

そのまま紙に描いたり、カッターで削って粉にして塗りつけるなどして使う画材。

ハードパステルの主な用途

ハードパステルは丈夫で、線を引いたり広い面積を塗ったりできる画材です。

主な用途としては、そのまま絵を描く以外にも、クロッキーを描いたり、油絵の下書きをしたりするのにもよくつかわれます。

デザイナーもアイディアスケッチをするときなどによく使いますね。

ソフトパステルやオイルパステルとの違い

ここでハードパステルと似たものとの違いについて解説していきます。

ソフトパステルはハードパステルよりも粘着剤を少なくしたもので、より粉っぽい画材です。

ほぼチョークに近い感じですね。

オイルパステルはワックスなどを配合したもので、独特の粘り気があります。

使用感はクレヨンに近く、重ね塗りもできます。

主なハードパステルのメーカー

ハードパステルの主なメーカーは下記のとおりです。

こざかい
こざかい

個人的にはカレコンテがコスパ的にはいいかなと思います。

予算が許すならカランダッシュが最高。

・ヌーベル カレーパステル
→かなり値段がリーズナブル

・カランダッシュ パステルキューブ
→高級パステル。発色ときめの細かさが段違い。絵を描くならこれ

・カレ コンテ パステル
→発色の良さが最高

・ファーバーカステル ポリクロモス パステル (セミハード)
→色の伸びがとても良い ※現在廃盤

実際に同じような色で塗り比べてみました。

ドライハードパステル比較

ヌーベル カレーパステル

ヌーベルのカレーパステルは絵の具メーカーでおなじみのターレンスが販売しています。

価格がとても安くコスパがいいパステルになっています。

日常使いとして最適で、クロッキーを描くときや、デザインのアイディアスケッチをするときに向いています

形は太くて短く、手で持ちやすい感じですね。

幅の広い線が描きやすいです。

画材店でも比較的手に入りやすいのもうれしいポイント

発色や色ののびはそこまでなので、絵画を制作する場合はほかのパステルをおすすめします。

こざかい
こざかい

パステルの質にこだわるならほかのメーカーを使った方がいいですね。

とはいえ、クロッキーではつかいやすいとおもいます。

ヌーベル カレーパステルの特徴

・サイズ…約8x8x60mm

・価格が安い

・発色や色の伸びはふつう

・クロッキーにおすすめ

詳しい特徴についてはこちら↓

カランダッシュ パステルキューブ

高級画材メーカーで知られるカランダッシュの販売するパステルです。

カランダッシュは色鉛筆でも1本500円近くするものを販売しているので、かなり高級路線。

このパステルもその一つです。

ほかのメーカーのハードパステルが1本100円~200円ほどに対し、1本300円ほどします

とはいえ、顔料の発色が最高によく、粒子が極めて細かいので、軽くこすっただけできれいに伸びてくれます。

塗った感じがしっとりとした感触で、まるでクレヨンでも使っているのかと思うぐらい、簡単に強い色が乗ります。

ハードパステルって色が薄い印象があったのですが、こんなに色が乗るんだと驚きました。

良い意味でドライパステルの感じがしません。

絵画制作用にはこのパステルを使いたいですね。

下の商品はパステル色鉛筆とセットになっています。

細い線はパステル色鉛筆で書けるので、絵画制作におすすめ

サイズもやや長めなので、使いやすいです。

カランダッシュ パステルキューブの特徴まとめ

・サイズ…6mm角x83mm

・価格が高い

・色の乗りがかなり良く、軽い力でかなりがっつり乗る

・発色は濃く、力強い感じ

・粉っぽくなく、かなりきめが細かい感じがする

・絵画制作におすすめ

詳しい特徴についてはこちら↓

カレ・コンテ パステル

カレコンテ

カレ・コンテはハードパステルの元祖のメーカー。

フランスのメーカーですが、コンテという言葉もここからきています。

元祖なだけあり、品質が安定しています。

ハードパステルらしいパステルで、カサカサとした感触ながらも色がしっかり乗ります。

色は全体的に明るい感じでとてもあざやか。

指でこするとかなりきれいなグラデーションが作れます。

このメーカーのパステルはいくつか種類があり、ハードパステルはハード、セミハード、スティックタイプがあります。

全体的にどれも発色が極めて良く、とてもおすすめできます。

カレ・コンテ パステルの特徴

・サイズ…約6mm角x62mm

・こするとかなりきれいなグラデーションが作れる

・発色が明るく鮮やか

・ドライパステルらしいパステル

・絵画制作におすすめ

詳細はこちら↓

ファーバーカステル ポリクロモス パステル (セミハード)

色鉛筆メーカーとして有名なファーバーカステルの販売するセミハードパステルです。

パステルの粉の粒子がとても細かく、ガーゼや指でこすった時の色の伸びがとても良いパステル。

そのため、ぼかし表現がとても得意で絵を描くには最適なパステルです。

※現在廃盤になっており、在庫限りのようです

サイズ…6.5mm角 × 86mm

コメント

タイトルとURLをコピーしました