カランダッシュ パステルキューブの特徴は?こんな人におすすめ

カランダッシュ パステルキューブの特徴は?こんな人におすすめクレヨン・パステル
スポンサーリンク

カランダッシュ パステルキューブの特徴について解説!

今回はカランダッシュのパステルキューブの特徴について簡単に解説していきます。

パステルはいくつかメーカーの種類がありますが、見た目だけではなかなかその違いが判らないのでどれを選べばいいか迷うと思います。

そこで今回は簡単に特徴をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

カランダッシュってどんなメーカー?

カランダッシュはスイスの大手画材メーカー。

元々鉛筆メーカーでしたが、現在は文房具関係を中心に画材も製造しています。

赤い独特なロゴがおなじみですね。

色鉛筆で特に有名で、子どものころによく使っていた人も多いのではないでしょうか。

(子どものころに使う色鉛筆は三菱かカランダッシュのイメージがあります。)

製造する価格帯はかなり幅広く、子ども向けの安価なものから、プロ向けの超高級なものまであります。

カランダッシュ パステルキューブの特徴

カランダッシュ パステルキューブの特徴は主に下記の通りです。

・高級なハード系のドライパステル

・色の伸びがダントツに良い

・発色がとても力強い

・絵画の制作におすすめ

ほかのメーカーとも比較してみました↓

・高級なハード系のドライパステル

画材のジャンルとしてはカランダッシュのパステルキューブはハードパステルに属します。

ハードパステルとは、チョークを硬く固めたようなもので、手で触っても粉っぽくないほど固めてあります。

カランダッシュのパステルキューブはハードパステルの中で最も高級なパステル。

1本あたり400円ほどで、ほかのメーカーの2~4倍ほどの価格。

セットで購入するとなかなか値段が張るので、大切な時に使いたいパステルになっています。

こざかい
こざかい

もちろん、価格に見合った性能になっています。

・色の伸びがダントツに良い

ドライパステルの重要な要素の一つに、伸びの良さがあります。

紙に描いてから、指でこすった時にどのぐらいよく伸びてくれるかということ。

絵画制作の特には影の部分などに色を指で伸ばして、色を広げることをよくやります。

カランダッシュ パステルキューブはドライパステルの中では断トツに良く伸びてくれます。

きめの細かい顔料の粒子がしっかりと紙に食い込むように伸びてくれるので、色をしっかりのせてからのばすとむらもできにくく、きれいな色面を作ることが可能。

さわった感じ、粉っぽさを感じさせないほどサラサラとしていて、顔料の粒子がとても細かい感じがします。

こざかい
こざかい

ほかのメーカーとは全然違うので、実際に使って体験してみてほしいですね。

・発色がとても力強い

カランダッシュ パステルキューブは色の発色も十分。

カランダッシュは色鉛筆のルミナンスがとても色が美しいので、もちろん同じような顔料を使用しているこのパステルも発色が良くないはずがありません。

顔料の純度もとても高く、とても鮮やかで、ドライパステルの色の薄いイメージを拭い去っていく。

そんなパステルになっています。

描くときはまるでクレヨンのように軽い力で簡単に濃い色を作ることができ、色の感じは力強い感じです。

ハードパステルなのに、こんなに簡単に強い色がのるのか!と驚きました。

描くとわかるのですが、かなりしっとりとしており、ドライパステルのカサカサとした感じが全くしないです。

こざかい
こざかい

まさに顔料の塊という感じ。

・絵画の制作におすすめ

カランダッシュ パステルキューブは絵画制作に向いています。

というよりも、高価なのでクロッキーなどに使いたくないというのもあります。

色の伸びや発色が異常にいいので、表現の幅も広く、これで絵を描くとクオリティがぐっと上がります。

コンペとかに出すような作品にはぜひ使いたいパステル。

こざかい
こざかい

弘法筆を選ばずなんて言葉はありますが、画材の質の差は作品に出てしまうので、惜しみなく使いたいところ。

画材を変えるだけでクオリティが上がるなら安いものだと思います。

カランダッシュ パステルキューブはこんな人におすすめ

まとめるとカランダッシュ パステルキューブはこんな人におすすめ

・大事な絵画の制作をするとき

・とにかく色やのびの良さにこだわりたいとき

ハードパステルとしては最高性能をしているので、大切な時に使いたいパステルになっています。

普段ドローイングなどに使うようなパステルはターレンスのヌーベルカレーパステルはとかにしておいて、大切な作品にはこのパステルを使いたいところ。

カランダッシュ パステルキューブは画材店での扱いは微妙で、無い場合も結構あります。

なので、確実に買えるネットでの購入がおすすめ。

amazonで購入する場合はパステルペンシルとのセットがかなりコスパが良く、実質2割引きぐらいの価格になっています。

パステルペンシルも使う機会は多いので、一緒に購入してもいいかもしれません。

こざかい
こざかい

amazonではパステルだけのセットもありますが、なぜか色が偏った6色(例えば青だけとか)のセットしかありません。

パステルペンシルとのセットでの購入でのみいろんな色のセットになっています。

ほかのドライパステルのメーカーについてはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました