【元美大生が教える】水彩画の筆の選び方!おすすめを紹介

【元美大生が教える】水彩画の筆の選び方!おすすめを紹介水彩絵の具
スポンサーリンク

今回は水彩画にオススメな筆の選び方について解説していきます。

水彩画をこれから始める人は絵の具にとらわれて筆を適当に買ってはいないでしょうか。

実は筆は毛の種類によって大きく特徴が分かれています。

その特徴を知ることでよりうまく絵を表現できるようになるので、

筆選びの参考にしてみてください。

水彩画にオススメな筆の選び方

水彩画におすすめな筆の選び方は主に3つあります。

・水の含みがいい毛を選ぶ

・コシの強さで選ぶ

・毛先がまとまるものを選ぶ

毛の種類によってもそれぞれ長所が変わるので、自分に合った筆を選びたいところ。

記事の後半では、実際にオススメな筆を具体的に3つ紹介するので、そちらと合わせて参考にしてください。

・水の含みがいい毛を選ぶ

水彩画はほかの絵の具よりも水分を多く使って描くので、水を多く含める筆を使うのが基本になります。

水の含みがいいと一回絵の具を含めるだけで、より長い線を一度に引けたりします。

こざかい
こざかい

ぎゃくに含みが悪いと線を引くのに何度も絵の具を付けなくてはいけなくなるので、きれいな線が引きにくかったりと何かと不便。

なので、水の含みがいいことに越したことはありません

水を多く含める筆を見極めは、筆の毛の種類が大きなポイント。

主にイタチ、リス、オックス、馬、狸などがよく使われています。

中でも水の含みがいいのがリス、狸になっています。

・コシの強さで選ぶ

コシの強さも筆選びには重要です。

コシが柔らかいと筆がしっとりと紙につくので、広い面のにじみの表現がうまくできます。

とくに人物の肌にもきれいなグラデーションを作りやすくてオススメ

このこの筆で描いた場合、やわらかな風合いの絵になります。

コシが柔らかい筆はリスやネコ、狸です。

逆にコシが強い場合は、メリハリのある色や線を使うときに最適。

例えば、絵の具を濃く使っても筆が負けないので、陰に濃い色を使ったりするときに良いです

また、線もはっきり出るので線を強調して描くときや、絵の仕上げの細かな描写にもオススメ。

コシが強い筆はイタチやリセーブル。

特にリセーブルはコシが強く、細密表現をするときにも向いています。

コシの強さは好みで分かれるので、自分の好きな方でOK。

また、描き始めはコシが柔らかいもので描き、最後はコシの強い筆で仕上げるのが僕はおすすめです。

得意なことが違うので、うまく使い分けられるようになると絵の表現の幅が広がります。

・毛先がまとまるものを選ぶ

筆は毛先がまとまるものが良い筆です。

毛先がきれいにまとまると思い通りに筆が運べるので、なるべくいいものを選びたいところ。

毛の種類にもよりますが、基本的には価格に比例します。

まとまりやすい毛はイタチ、リス、リセーブルです。

水彩画にオススメな筆3選

ここからは水彩画にオススメな筆を紹介します。

これらはどれも水の含みが比較的よく、毛先も良くまとまるものを選んでいるので、どの筆でもOK.

大きな違いはコシの強さで分かれています。

水彩画の筆は油絵のように絵の具ごとに筆を使い分けることが少なく、たくさん筆を用意しなくてもいいので、質のいい筆にこだわりたいところ。

コシが柔らかいリス毛

コシが柔らかい筆を選ぶならレンブラント水彩筆のリス毛がオススメ。

メーカーはターレンスで、オランダの画材メーカーです。

ターレンスは日本でも有名過ぎるメーカーで、高級な油絵具から、アクリル絵の具まではば広く取り扱っています。

ブランドは高級路線の「レンブラント」とコスパの良い「ヴァンゴッホ」シリーズに分かれています。

このレンブラントの水彩筆は、コシが柔らかく、水の含みと毛先のまとまりが最高な筆

そのため、やわらかな水彩画を描くときに威力を発揮します。

にじみやぼかしの表現が特にきれいにできるのでとてもオススメな筆。

価格がやや高めですがプロも使っているほどで、性能はそれに見合った十分な筆になっています。

オールマイティなイタチ毛

イタチの毛は水の含みや毛先のまとまりが良い筆です。

腰は普通ぐらいなので、どんな場面でも使える万能な筆と言っていいです。

絵の描きはじめから終盤まで使えるので、最初はイタチの毛の筆を大証で何本かそろえましょう。

これから水彩画を始める人はこのイタチの毛を揃えるのがオススメ。

下の筆は上記のリス毛のものと同じターレンスのメーカーの筆です。

価格も買いやすい値段になっています。

こざかい
こざかい

筆選びに迷ったらとりあえずこの筆なら間違いはないです!

コシの強いリセーブル

コシが強い筆を選ぶならリセーブルの筆がオススメ。

コシが強いので絵の具をしっかりと紙に載せることができます。

そのため、水分を減らして濃い絵の具をのせたり、乾いた筆で描くドライブラシの技法に向いています。

また、細い筆だと毛先がしっかりまとまっているので、細密画や絵の仕上げがしっかりできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました