月の雫はどんなUVレジン?特徴を解説!【収縮率・黄変・透明度】

月の雫はどんなUVレジン?特徴を解説!【収縮率・黄変・透明度】レジン
スポンサーリンク

UVレジンの月の雫について解説していきます!

今回はUVレジンで有名なメーカーであるパジコの製造販売するレジンのひとつの、月の雫について簡単に解説しています。

UVレジンは似たようなパッケージや名前のものが多く、その特徴の違いや、どれを選べばいいのかよくわからないと思います。

なので、今回はその特徴について簡単にまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

メーカーはパジコ

星の雫のメーカーはパジコです。

パジコはUVレジンや樹脂粘土で有名なメーカーで、価格帯は高めですがどれも高品質なものばかり。

レジンでは、星の雫、太陽の雫、月の雫といった○○の雫シリーズを製造販売しています。

これらは画材店や手芸店でも一番目立つところに置いてあり、国内のレジンのシェア率はトップクラスです。

品質が高いので、口コミでの評価が高いのもその理由の一つ。

月の雫の特徴

月の雫の特徴は下記のとおりです。

・透明度が高い

・収縮率がかなり低い

・シリコン型との相性が良い

・黄変しにくい

・透明度が高い

月の雫は透明度がかなり高いレジンです。

ほぼ水と変わらないぐらいの透明度。

透明度が高いので、無色のままや、うっすら色を付けるのにとても向いています。

また、中にレジンのパーツを入れてもくっきり見えますね。

UVレジンの中でも透明度はトップクラスです。

・収縮率がかなり低い

月の雫は星の雫より収縮率が低く、UVレジン全体の中でもかなり低くなっています。

収縮率は3%。

収縮率が低いことのメリットは硬化時に表面がきれいなままで固まるということ。

レジンは一般的に硬化時の収縮によって表面にしわが寄ることがあります。

そのため、きれいにするには磨く手間がかかってしまいます。

その点、月の雫は収縮がかなり少ないので、そのままでもきれいに仕上がります。

かなり使いやすいレジンといえますね。

・シリコン型との相性が良い

月の雫はシリコン型との相性のいいレジンです。

シリコン型で硬化させたときにしわが寄らずにきれいに硬化します。

流動性もよく、細かい部分にもしっかりと入ります。

角張っていたり、細かい模様のシリコンでもきれいにかたどれます。

・黄変しにくい

月の雫はUVレジンの中では黄変しにくいタイプです。

星の雫と比べるとわずかに黄変はするものの、長時間日光に当たる状況でなければ黄変しません。

そのため、アクセサリー等で使用できるレジンといえます。

それでも黄変が気になる場合は星の雫を使うか、UVカットスプレーを使う方法があります。

詳しい黄変対策については下記の記事でまとめているので参考にしてみてください!

月の雫はこんな時におすすめ

月の雫はこんな時におすすめできます

・高品質で使いやすいレジンを探しているとき

・シリコンでかたどりをするとき

・販売用のアクセサリーを作るとき

月の雫はUVレジンとしての性能がどの点においても高水準で目立つ欠点はありません。

そのため、万能なレジンといえます。

こだわりがないけどとにかく品質の高いレジンを探しているなら一番おすすめできます。

特に収縮率が低いのでシリコン型との相性が良いです。

なので、作品をたくさん作って販売するようなときにも向いていますね。

黄変も少ないので、それが問題になることはありません。

ぜひこの機会に月の雫を使ってみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました