アクリル画に必須!バーニッシュの種類と使い方!

すべての投稿一覧

皆さん!完成した作品は保護をしっかりしているでしょうか。
大切な作品が劣化したら悲しいですよね。

作品を描いた上で最後に作品を保護することは作品を劣化させないためにも重要で、
この作品保護の責任は作家にあります。

なので今回はこのアクリル画の作品保護のバーニッシュの使い方についてまとめました!

アクリル絵の具の保護にはバーニッシュ!

アクリル絵の具は絵の具メーカーからバーニッシュと呼ばれるものが販売されています。
これは完成後の作品に塗るもので、作品への傷や汚れを防ぎます!また、画面のつやを均一にする効果もあります。

バーニッシュをうまく使えば作品の完成度も上がるので必ず使いたいところです。

バーニッシュは液体タイプとスプレータイプの2タイプがあり、どちらも一長一短です。
二つの特徴をまとめてみました。

液体タイプバーニッシュの特徴

スプレータイプの特徴は主に5つ!誰でも簡単に使えるのが大きな特徴です!

希釈できる

割安

重ねて厚く塗ることができる

重厚感が出る

扱いには慣れが必要

液体タイプのメリット

液タイプはスプレータイプより割安で、重ね塗りする事で厚い塗膜を作ることができます。
特に艶ありのバーニッシュの場合、厚い膜によって強い光沢を得られます。そのため、作品の重厚感が増します

艶ありの場合塗ると、塗る前より明度が落ちて彩度が上がり、作品の色に深みが出ます。絵の具がまだ乾燥前の色と同じになり、黒がよりはっきりします。下の写真で比較できます↓

塗る前

塗った後


液体タイプのデメリット

デメリットとしては扱いがやや難しいということです。

雑に塗ってしまうと液だれを起こして妙な厚みが生まれてしまったり、気泡が入って凹凸ができたり、刷毛の跡がついたりしてしまいます。
マットタイプの場合は凹凸はあまり気になりませんが、艶ありの場合はかなり目立ちます。

私はホルベインのクリスタルバーニッシュをよく使っています。これは艶ありタイプのものです。

塗り方のコツ

塗り方のコツは水で薄く溶いて(約バーニッシュ7:水3)何度も薄く塗布します。この時に一度にたっぷりつけすぎないのがポイントです。塗りすぎると液だれを起こします。

そして、塗った後すぐに息を吹きかけます。すると気泡が一気に抜けます。
この時、パネルは必ず平らなところに寝かせ、全体を塗ったらそっと乾燥させます。

時間はかなりかかりますが、一番確実な方法です。

塗り方のコツのまとめ!

・水で多めに薄める(水を30%にする)

・薄く塗り、回数を分ける

・塗ったら息を吹きかけて気泡をつぶす

・平らなところで乾燥させる

これを守れば大丈夫です!

おすすめのバーニッシュはこちら↓ amazonで割安で買えます!  

リキテックス アクリル絵具 リキテックス パーマネント
マット バーニッシュ 120ml(艶なしマット)

リキテックス アクリル絵具 リキテックス
グロスバーニッシュ 240ml(艶あり)


スプレータイプのバーニッシュの特徴

扱いやすい

割高

塗膜は薄い

定着が弱めor水に溶ける画材でも大丈夫

スプレータイプのメリットとデメリット

スプレータイプの最大の特徴は扱いやすいことです!

液だれやムラなどが起こりにくく、初めてでも簡単に塗布することができます。
バーニッシュは作品が完成してから塗るので、どうしても失敗したくないものです。

失敗するかどうか不安な人はこのスプレータイプをお勧めします。

また、他のメリットは定着が弱いものでも使えるということです。
私の作品はアクリルの上からペンで書いていますが、液タイプのバーニッシュを刷毛で塗るとペンがはげるのです!

しかし、スプレータイプだとその事故は起こりません。
強い光沢を得る場合はスプレータイプを使った上から液タイプのバーニッシュを使います。

また、スプレータイプは有機溶剤を使用しているため、水に溶けやすい画材でも使えるということです。
なので水溶性のペン等の画材を併用していても使えます。

デメリットは割高なことと、スプレー単体ではかなり塗膜が薄めという点です。
塗膜の厚みは好みだとは思いますが、スプレーだけだと強い艶などは得られません。

スプレータイプの使い方は作品を平置きまたは立てかけて、均一にスプレーを塗布するだけです!
塗膜が薄いので最低2回は塗布しましょう。

スプレータイプのおすすめはこちら↓amazonで割安で買えます!

ホルベイン アクリリックメディウム
スプレーマットバーニッシュ AM592 220ml(艶なしマット)

ホルベイン グロス バーニッシュ
(つや出し・画面保護用ワニス) 220ml スプレー式(艶あり)

コメント

  1. art より:

    はじめまして。
    液タイプを薄く塗り、回数を分けるとは乾燥させてから塗り重ねるのでしょうか?
    それとも、薄くぬり息を吹きかけて気泡を抜いた後にすぐ塗れるのでしょうか。
    初めてチャレンジしようと思っておりますので、教えていただければ幸いです。

    • はじめまして!
      一度薄く手早く前面に塗って、乾燥後に再度薄く重ねます。
      薄く塗ることで気泡を減らすことが出来ます。
      もし、気泡が残ってしまったら、乾燥前であれば息を吹き替えることで多少は気泡を減らせますね!

  2. art より:

    ありがとうございます。
    試してみます!

タイトルとURLをコピーしました