クーピーと色鉛筆の違いは?何が違うの?

クーピーと色鉛筆の違いは?何が違うの?鉛筆・色鉛筆
スポンサーリンク

クーピーと色鉛筆の違い

今回はクーピーと色鉛筆の違いについて簡単に解説していきます!

クーピーは画材として、どう違うのかをもと美大生の僕が説明していきます!

こちらでも詳しく解説しています

クーピーの特徴

クーピーの特徴は主に下記の通り

・軸がすべて芯だけでできている

・芯を削らなくても使える

・手に色がつかない

・消しゴムで消せる

・重ね塗りが苦手

・子どもにおすすめ

色鉛筆の特徴

・軸に木がついている

・芯は鉛筆削りやカッターで削る必要がある

・消しゴムで消しにくい

・子ども向けからプロ向けのものまでバリエーションが豊富

クーピーのメーカーはサクラクレパス

クーピーはサクラクレパスの登録商標で、新しい画材を作るために開発されました。

芯だけでできている色鉛筆は当時はかなり新しく、しかも消しゴムで消しやすいというのがかなり画期的でした。

発売後には全国的に普及し、画材店や文房具店で広く取り扱われるようになっています。

僕も子どもの頃はよく使っていました。

パッケージはカラフルな幾何学模様で、これを見ると懐かしい感じがします。

こざかい
こざかい

ちなみにサクラクレパスはクレパス(登録商標)を作り出したメーカー。

子どものための画期的な画材をいくつも生み出しています。

クーピーはすべて芯でできている

クーピーの最大の特徴はすべて芯でできていること。

この点ではクレヨンやパステルに近いですね

なので、使うときに削ったりしなくてもそのまま使えるのでかなり簡単。

小学生や幼稚園生にはとても使いやすいですね。

クレヨンのように手に色がついたりすることもないです。

クーピーは消しゴムで消せる

また、消しゴムで消しやすいのも特徴。

色鉛筆のように紙の凹凸の中にべったりとくっつかないので、割と簡単に消すことができます。

今でこそ消せる色鉛筆も出てきましたが、クーピー販売当時はかなり画期的でした。

消せるので、塗り絵にも最適です。

クーピーは子どもにおすすめ

使用感としては、使いやすい画材なので子どもにとてもおすすめ。

小学校低学年くらいの子には最適な画材。

落書きなどをしても消しやすく、手にもつきにくいので汚しにくいのがかなり大きなメリット。

価格も1本50円ぐらいなので、かなり安いです。

こざかい
こざかい

僕も自分に子どもがいたらクーピーを使わせてあげたいです

一方で大人が使うには少し物足りないかなといったところ。

大人だと、より良い絵が描けるかの性能のほうが大事になってきますよね。

色鉛筆の高価格帯では、クーピーより発色が鮮やかで重ね塗りや混色が得意なものがあるので、

そちらを使うのがおすすめ。

大体1本100円くらいの鉛筆になってくるとクーピーの性能を超えていきます。

大人向けの色鉛筆についてはこちらで解説しています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました